韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  人民元が上昇し続けるのはなぜか?値上がりは続くか?

人民元が上昇し続けるのはなぜか?値上がりは続くか?

このところ人民元の対米ドルレートが大幅に上昇し、注目を集めている。昨年5月にはレートはまだ1ドル=7.1元だったが、1年後の今ではすでに6.3元の時代に突入した(1ドルは約109.1円、1元は約17.1円)。中国新聞網が伝えた。

中国外国為替投資研究院の譚雅玲(タン・ヤーリン)院長は人民元レート上昇の原因について、「人民元値上がりはドルインデックス(ドル指数)の低下と関係があり、市場が人民元上昇のムードに大きく傾いていることもある。また、中国経済が回復を続け、外資が中国の外国為替市場と株式市場に流れ込んでおり、外資が有利なタイミングで価格差を利用したサヤ取り(アービトラージ)やヘッジを行なう現象がよくみられることなども、人民元の値上がりを後押しした要因だ」と分析した。

データによると、5月25日にA株が大幅上昇し、取引高は再び1兆元の大台に達し、香港市場から大陸部市場に向かう資金が過去最高を更新した。 中金宏観が26日に発表した研究報告書によると、4月以来、人民元対ドルレートが上昇を続け、5月25日現在で、累計上昇幅は2.5%に達し、中国外貨取引センター(CFETS)の人民元レート指数も4月初めに比べて0.5%上昇した。さらに同期には、ドルインデックスが約3.5%低下した。ドルインデックスの低下は最近の人民元対ドルレート上昇を推進した重要な要因だ。

スポンサードリンク
中金宏観によると、3月に米ドルが値上がりした時に海外機関の保有する中国の債券は小幅の純減となったが、4月には買い増しに転じたことも4月以来の人民元上昇を後押ししたという。

中国人民銀行(中央銀行)の劉国強(リウ・グオチアン)副総裁は5月23日、人民元レートの問題について質問に答える中で、「今年に入ってから、人民元レートは上昇することも低下することもあり、双方向に変動しつつ、合理的でバランスの取れた水準で基本的安定を維持してきた。現在、中国の外国為替市場は自律的にバランスを取り、人民元レートは市場によって決定され、レートへの期待は安定している。今後の人民元レートの動向は、引き続き市場の供給と国際金融市場の変化によって決まり、双方向の変動が常態になるだろう」と述べた。
https://www.recordchina.co.jp/b877167-s6-c20-d0189.html

2021-05-29-k001.jpg

ドル110円手前で足踏み、人民元は3年ぶり高値更新。ドルは109.89円付近と、110円の手前で足踏み状態となっている。市場では、110円ちょうどにはディーラーの戻り売りや証拠金取引(FX)の利益確定売りなどが待ち構えている。加えて、来週月曜日はロンドン、ニューヨーク市場が休みなので、無理にポジションを取りたくない参加者が多かった。さらに、人民元高も、ドル買いの勢いを削いでいる。

人民元は一時1ドル=6.3680元と、2018年5月以来の高値を更新。オフショア人民元は6.3615元まで上昇し、同じく3年ぶり高値を更新した。市場では、中国が前週から発表している一連のインフレ抑制策が好感されている。人民元高はインフレ抑制に好都合なので、中国当局も人民元高を演出または許容しているとの指摘もある。中国国務院(内閣に相当)は19日、コモディティー価格の「不合理な」上昇を抑制し販売価格への転嫁を防ぐために、需給両面の管理を強化する方針を示している。

関連記事

[ 2021年05月29日 07:57 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp