韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国が米国主導の有人月探査計画のメンバーに!

韓国が米国主導の有人月探査計画のメンバーに!

2021年5月27日、韓国・ノーカットニュースなどによると、米国が主導する有人宇宙飛行計画の国際協力の原則であるアルテミス合意に、韓国が10カ国目のメンバーとして加入することとなった。 記事によると、韓国の科学技術情報通信部は同日、林惠淑(イム・ヘスク)長官がアルテミス合意に署名したと発表した。

アルテミス合意は、米国の有人宇宙飛行計画「アルテミス計画」を推進するための国際協力原則で、月、火星、彗星、小惑星の探査と利用に関し、加入国が「平和的目的の探査」「透明な任務運営」「探査システム間の相互運営性」「非常事態時の支援」「宇宙物体の登録」「宇宙探査時に確保した科学データの公開」「歴史的遺産の保護」「宇宙支援活用についての基本原則」「宇宙活動紛争の防止」「宇宙残骸の軽減措置」などを守るよう定めたもの。

現在は米国の他に日本、英国、イタリア、豪州、カナダ、ルクセンブルク、UAE、ウクライナの8カ国が加入している。韓国では今回の加入を機に、来年と2030年を目標に推進している月軌道船と月着陸船の開発がさらに加速するものと期待されているという。
https://www.recordchina.co.jp/b810206-s0-c100-d0191.html

スポンサードリンク
韓国は、米国の新たな有人月探査計画に向けた国際協力原則「アルテミス合意」に署名した。韓国は10番目の署名国となる。科学技術情報通信部は、米国航空宇宙局(NASA)との「アルテミス合意」に署名したと27日に明らかにした。これにより韓国は、2024年を目標とする月着陸プロジェクトに合意国の一員として参加できるようになった。 この合意は、月だけでなく火星、彗星、小惑星の探査と利用に関してアルテミス計画の参加国が守るべき原則についてのものとなる。

2021-05-29-k002.jpg

現在、韓国は来年8月に打ち上げ予定の月軌道探査船(KPLO)を、NASAの協力を得て開発している。また韓国は、米国の民間月着陸船を用いた民間月貨物運送(CLPS)プログラムにも参加している。米国は、宇宙探査の競争相手である中国は当初より参加対象から外している。

関連記事

[ 2021年05月29日 08:06 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp