韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の仮想通貨投資家587万人、先月だけで191万人参入

韓国の仮想通貨投資家587万人、先月だけで191万人参入

韓国の仮想通貨投資家が今月3日現在で587万3000人に膨らんだことが分かった。昨年末時点では162万6000人にとどまっていたが、年初来で420万人以上増えたことになる。仮想通貨投資ブームとなった先月だけで191万人増えた。本紙が入手した金融委員会の資料で明らかになった。

投資額を見ると、2018年1月以降、127兆7000億ウォン(約12兆5400億円)が仮想通貨取引所に入金され、105兆ウォンが出金された。口座残高は22兆7000億ウォンだ。587万人が投資を継続していると仮定すると、1人当たり387万ウォンを投資している計算になる。 金融委は2週間前に資料を国会政務委員会所属の国会議員に提出した。金融委による公式統計で仮想通貨の投資家数と投資額が明らかにされたのは初めて。4大仮想通貨取引所(アップビット、ビットサム、コインワン、コービット)による18年1月から今年5月3日までの取引を集計した統計だ。

仮想通貨の投資家数は昨年10月以降、毎年急増している。昨年10月の仮想通貨取引所の新規加入者は1万3000人だったが、11月には10万2000人に急増。今年も1月に36万7000人、2月に84万9000人、3月に111万6000人、4月に191万5000人が取引所に加入した。銀行口座を通じ、取引所に入金される資金も大幅に増加しており、昨年12月の3兆9000億ウォンから今年4月には33兆2000億ウォンへと9倍に増えた。

スポンサードリンク
資料には仮想通貨バブルを懸念する金融当局の見解も示されている。「外国より韓国で仮想通貨の価格が高い『キムチプレミアム』が再び生じ、投資家と投資資金が殺到するなど投機ブームの再燃が懸念される」との指摘だ。しかし、金融委は仮想通貨投機の過熱を懸念しながらも、「当面は追加的な規制策を打ち出すことは慎重に検討すべきだ」とし、規制強化には否定的な立場を示した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/05/28/2021052880006.html

2021-05-29-k006.jpg

仮想通貨の狂気に巻き込まれ、日常を壊された人を韓国では「コリニ」と呼ぶ。コイン(仮想通貨)投資と「オリニ」(韓国語で子ども)を組み合わせた造語だ。仮想通貨市場は値幅制限がなく、1年365日、24時間動いている。会社では数十億ウォン、数百億ウォンをもうけて退社する社員のうわさが立ち、ブームはさらに拡大している。「月給貯めても家は買えない」…一発逆転狙いで仮想通貨投資に走る韓国の若者たちが増加している。

専門家はそうした狂気が社会の病理的現象として拡大していると指摘する。ソウル市九老区の精神科専門医は「最近1日に2-3人は仮想通貨投資のせいで訪ねてくる。主に20-30代だが、不眠症は基本で、仮想通貨の騰落による躁うつに近い感情変化を示す人が多い」と説明している。

関連記事

[ 2021年05月29日 08:28 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp