韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  十分な部品確保したトヨタ、4月に過去最大業績

十分な部品確保したトヨタ、4月に過去最大業績

日本のトヨタ自動車は、これまで4月の月間販売史上最高の業績を記録した。最近、世界的な景気回復を受け、主要自動車メーカーの業績が好転しているが、そのうち、トヨタの業績が最も目立っているという見方が出ている。

トヨタは28日、4月の販売台数は85万9448台だったと発表した。42万3302台だった昨年4月より103%伸びた。前年同期比8カ月連続で販売台数の増加が続いている。これに先立って、3月は98万2912台を販売し、月間販売としては1937年の創立以来最大の業績を記録した。これを受け、1~4月の販売台数は331万9572台と、前年同期より33.4%の業績を伸ばした。

トヨタが頭角を現している理由は、車両向け半導体不足事態に強い姿勢を見せているためだ。トヨタは米国、カナダ、チェコの工場でのみ半導体不足で生産中止と減産を経験しただけで、日本、中国、東南アジア、中南米、アフリカなど大半の地域の工場では正常操業を続けている。日本国内の工場は、地元の半導体メーカー・ルネサスの3月の工場火災の影響で、6月中に2つの工場の生産中止を計画しているのが全てだ。

スポンサードリンク
トヨタはかつて、部品が必要なたびに注文して供給を受けてきたが、2011年の東日本大震災後、戦略を変えた。かつては、トヨタは部品在庫を引き受ける必要がなく、効率的な管理方法といわれていたが、東日本大震災を受け、トヨタ工場や部品メーカーの生産が全て中止となったことをきっかけに、少なくとも数カ月分の生産のための物量を予め用意する必要性が持ち上がった。

部品ごとに1~4カ月分ずつ在庫を十分に備える調達体系を導入し、部品メーカーと中長期的生産計画を詳しく共有している。部品メーカー各社は在庫を引き受けるかもしれない負担から脱して、安定的に生産量を増やすことができる。自動車業界は、これをトヨタが半導体不足時期を乗り越えるコツと見ている。
https://www.donga.com/jp/

2021-05-31-k006.jpg

トヨタ自動車は5月28日、4月の販売および生産実績を発表した。グローバルの販売台数は85万9448台となり4月としては過去最高。コロナ禍で大きく販売が落ち込んだ2020年4月との比較では倍増となった。ダイハツと日野も入れたグループ合計でも、93万2872台と過去最高となった。 北米が27万2000台、前年比では288.5%と好調に推移した。

RAV4やハイランダー、4RUNNERなどのライトトラックや、RAV4やヴェンザなどのHEVが堅調で、中国も16万台、112.2%と好調、日本も12.4万台、127.1%と好調となった。 トヨタのグローバル販売台数は、8カ月連続の前年超え。グループでも7カ月連続の前年超えと好調に推移している。

関連記事

[ 2021年05月31日 08:27 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp