韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  人民元高で強含む韓国ウォン…外国人の「セルコリア」は和らぐか

人民元高で強含む韓国ウォン…外国人の「セルコリア」は和らぐか

人民元の対ドル相場が28日、1ドル=6.37元まで上昇した。2018年5月以来、約3年ぶりの元高水準だ。今年の中国経済は8%程度の高成長が見込まれる中、コロナ以降の緩やかなV字回復が確実となり、元高が続いている。

中国人民銀行は27日、「為替レートは人為的調節の道具ではない」とし、元高を和らげるための市場介入を行う意思はないと表明したため、元高が加速する可能性が高まった。輸出競争力を強化するため、元安を願う中国当局が異例の姿勢を示した格好だ。成長率が高まり、インフレ懸念が生じる中、世界的な原材料価格の上昇に対処するため、元高を選択したのではないかとの分析が聞かれる。新韓金融投資のアナリスト、ホ・ゴンヒョン氏は「中国経済の好調に加え、米国経済の回復で中国の対米輸出が増えれば、中国に流れるドル資金が増えるため、元の価値が上昇する。米国経済が本格的に回復する今年7-9月期以降はそうした流れがさらに強まるだろう」と予測した。

元高の影響でウォンも強含んでいる。ソウル外国為替市場では28日、ウォンの対ドル相場が前日比2.60ウォンのウォン高ドル安となる1ドル=1115.50ウォンで取引を終えた。約10日間で19ウォンもウォン高が進んだ。ウォン相場は元と同じ基調をたどっている。中国は韓国にとって最大の貿易相手国で、両国経済は相関関係が高いからだ。ハナ金融投資によると、ウォンは豪ドルに次いで元と相関関係が高い通貨だ。信栄証券のキム・ハッキュン・リサーチセンター長は「為替相場は世界の資金の重要な意思決定手段だが、ウォン高期待感が高まり、韓国株の買いが増える環境が形成されている」と指摘した。

スポンサードリンク
韓国株式市場では年初来、外国人投資家が資金を引き揚げている。5月も28日までに有価証券市場(メーンボードに相当)だけで9兆ウォン近い売り越しだった。こうした状況について、ファインマン資産運用のパク・チンファン副社長は「インフレ懸念の中で、テーパリング(量的緩和縮小)の可能性が高まり、IT業種の割合が高い韓国、台湾などから外国人の資金が離脱している」と分析した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/05/31/2021053180003_2.html

2021-05-31-k008.jpg

中国人民元は5月27日、通貨バスケットに対し2016年3月以来の高値を付けた。ブルームバーグの集計データによれば、人民元は24通貨のバスケットに対し0.2%上昇し98ポイントとなった。現地時間午後5時24分(日本時間同6時24分)現在、ドルに対しては0.2%高の1ドル=6.3779元。  人民元はブルームバーグがカバーする主要31通貨のうち25通貨に対し年初来で上昇している。円は人民元に対して8%近く値下がりし、韓国のウォンは約5%下落。ドルは2.3%安。

関連記事

[ 2021年05月31日 08:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp