韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  「働きすぎな世界の都市」トップ10=ソウル5位、東京6位、1位は香港

「働きすぎな世界の都市」トップ10=ソウル5位、東京6位、1位は香港

2021年5月31日、中国メディアの環球網は、米企業が発表した「働きすぎな世界の都市」トップ10にアジアから6都市が入ったと報じた。 

記事は、マレーシア英字紙ザ・スターの30日付報道を引用。米テック企業Kisiが発表した今年の「ベストワークライフバランス都市」研究内の「働きすぎな都市ランキング」トップ10が香港、シンガポール、バンコク、ブエノスアイレス、ソウル、東京、ヒューストン、クアラルンプール、カルガリー、ロンドンの順となったことを紹介した。

このランキングは世界50都市を対象としたもので、トップ10都市におけるフルタイム労働者の1週間の労働時間は国際労働組合総連合の提唱する40時間を超えており、1位の香港では29%も超えていたと伝えた。 また、香港とシンガポールはそれぞれ2年連続で1位、2位となった一方で、かつての「チャンピオン」だった東京はトップ5から外れたとした。一方で、ワークライフバランスが優れている都市トップ10はヘルシンキ、オスロ、チューリッヒ、ストックホルム、オタワ、ミュンヘン、バンクーバー、アムステルダム、シドニーとなっており、欧州が7都市入ったと紹介している。

スポンサードリンク
Kisiによれば、ワークライフバランス都市の調査研究は2019年にスタートして今回で3回目であり、「仕事の強度」「機関のサポート」「法律による保護」「住みやすさ」という四つの視点から、各都市のワークライフバランス度を数値化しているという。
https://www.recordchina.co.jp/b877289-s25-c30-d0193.html

2021-06-01-k001.jpg

労働政策研究・研修機構がまとめた「データブック国際労働比較」によると、2014年の週49時間以上働く人の割合は、日本が21.3%だったのに対し、香港は1.5倍の30.8%にのぼっている。また、スイス金融大手のUBSが2015年に71の大都市を調査したところ、香港は週の労働時間が50時間以上あり、年間だと2606時間。世界一の長時間労働の都市になっている。ちなみに、最も少ない労働時間のパリ市民は、週35時間、年1604時間に過ぎまない。

香港政府・統計処、2014年に調べた「収入と労働時間統計調査」によると、国際的に長時間労働の基準とされる「週44時間」以上働いている労働者は、香港で116万人を超えており、香港の全労働者の3割が長時間労働を強いられている。 加えて、香港の労働問題で深刻なのはサービス残業で、年間の残業時間に相応して残業代を換算する場合、103.8億香港ドル(1500億円超)になる。

香港工会連合会の2013年の調査では、過労自殺は20件以上あり、事務員から教師、中には作家、会社のCEOにまで及んでいる。過労自殺について香港工会連合会は「限られた時間内で、無限の仕事をしなければならないことが原因になっている」と指摘している。 この状況は今も継続している。

関連記事

[ 2021年06月01日 08:12 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp