韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  人民銀が金融機関の外貨預金準備率を引き上げ、何のシグナル?

人民銀が金融機関の外貨預金準備率を引き上げ、何のシグナル?

中国人民銀行(中央銀行)は5月31日、金融機関の外貨流動性管理を強化するために、2021年6月15日より、金融機関の外貨預金準備率を2%引き上げ、これまでの5%から7%に高めることを決定したと発表した。中国新聞社が伝えた。 最近、人民元レートは急速に上昇しており、輸出当局と実体経済の回復に大きな圧力をもたらしている。これと同時に、市場には一部の投機的な見方が出現し、人民元の上昇をあおり、悪意をもって一方的な上昇を操作し、一部のマーケットエンティティがそれにより「バンドワゴン効果」に陥っている。

中国銀行研究院の王研究員は、「特に監督管理当局が相次いで呼びかけを行った後、上昇の勢いが止まらず、企業の短期決済が増加し、外貨の需給が次第にバランスを失い、人民元の上昇がさらに後押しされた」と述べた。王氏は続けて、「このタイミングで金融機関の外貨預金準備率を引き上げると、金融機関の外貨保有コストが増大し、関連コストが決済市場に転嫁され、企業の決済のペースが遅れたり期間が延長されたりして、外貨市場が理性的な状態に戻るのを促すことになる」との見方を示した。

中銀証券の管濤(グワン・タオ)チーフエコノミストは、「2021年以来、金融機関の外貨預金が目に見えて増加し、4月末の残高は約1兆ドルに達し、外貨の流動性が上がっている。人民銀行は外貨の預金準備率を2%引き上げることで、約200億ドルの外貨の流動性を凍結することができ、国内市場の外貨の流動性を下げ、国内の外貨の金利を引き上げ、国内の人民元と外貨の金利差を縮小し、スポット決済とフォワード決済を抑制し、中国国内の外貨市場のバランスを促進する上で効果がある」との見方を示した。

スポンサードリンク
管氏は、「今回の政策調整は2つのシグナルを発している。1つ目は、人民銀行は人民元の速すぎる上昇を放っておかないこと、必要な時には思い切った手段を執ることだ」とした。 管氏は、「人民元の対米ドル基準値の昨年5月末から現在までの上昇幅が大きく、引き続き上昇すれば人民元の価値がファンダメンタルズから乖離する可能性がある。新型コロナウイルス感染症が中国経済に与えた影響はまだ完全には消え去っておらず、引き続き大幅上昇すれば、輸出企業に大きなマイナス影響を与える可能性があり、ますます多くの市場関係者が現在の人民元対ドルレートはすでにオーバーシュートしたとの見方を示している」と指摘した。
https://www.recordchina.co.jp/b877436-s6-c20-d0189.html

2021-06-03-k001.jpg

中国の中央銀行である中国人民銀行は5月31日に金融機関の外貨預金準備率を6月15日から2ポイント引き上げ、現行の5%から7%にすると発表した。 中国で外貨の預金準備率を引き上げるのは14年ぶりとなる。引き上げは金融機関の外貨流動性管理を強化するためだ。中銀証券グローバルチーフエコノミストの管涛氏は、「今回の2ポイント引き上げによって、約200億ドルの外貨流動性を凍結することができ、国内市場の外貨流動性の引き締めに役立つ」としている。

今年4月以来、人民元の対ドルレートは、中国経済の着実な回復や国際収支の黒字維持、ドル指数の弱さなどの影響により上昇を続けている。先週1ドル=6.4元を突破して3年ぶりの高値を付けた後も引き続き上昇している。

関連記事

[ 2021年06月03日 07:49 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp