韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国政府「仮想通貨上場を規制すれば、生き残る『キムチコイン』はない」

韓国政府「仮想通貨上場を規制すれば、生き残る『キムチコイン』はない」

韓国政府は1日、国会に対し、「(仮想通貨の)取引所への上場を規制し始めれば、生き残る仮想通貨はないだろう」と報告した。政府が仮想通貨に対する上場規制導入の難しさを説明する過程で飛び出した発言だが、仮想通貨に対する政府の否定的な見方が反映されていると受け止められている。

国会と関係官庁によると、国務調整室、金融情報分析院(FIU)、警察庁などは、野党国民の力の「仮想資産特別委員会」に国内の仮想通貨の現状を報告した。席上、国民の力は「ジョブコイン(価格変動性が高い中小仮想通貨)が乱立しているが、上場に対する規制を準備しているか」と質問した。これに対し、政府は「規制がない状態で発行された仮想通貨に投資した人々と投資資金が多い状況で、規制には慎重にアプローチすべきだ」とし、「上場を規制すれば生き残る仮想通貨はないだろうという悩みもある」と答弁した。国会関係者は「政府は韓国国内で取引される仮想通貨に問題が多いことを認識しているが、規制を強化すれば、既存の投資家の被害が懸念されるため、慎重な立場を取っている」と話した。

韓国政府は仮想通貨ブームが起きた2017年7月、仮想通貨の国内での新規発行(ICO=initial coin offering)を禁止した。その後、仮想通貨業者はシンガポールなど海外で仮想通貨を発行し、韓国国内の取引所に上場させた。しかし、仮想通貨上場に関する基準が取引所ごとにまちまちである上、ハードルも低く、ジョブコインがあまりにも容易に上場されるという指摘が絶えない。

スポンサードリンク
海外の仮想通貨取引所に上場された仮想通貨は、世界最大規模の取引所であるバイナンスで64種類、日本のビットフライヤーで8種類だが、韓国のアップビットでは178種類、ビットサムでは176種類が取引されている。国民の力の尹斗鉉(ユン・ドゥヒョン)国会議員によれば、年初来今年4月までに韓国の4大仮想通貨取引所(アップビット、ビットサム、コービット、コインワン)に上場された仮想通貨は104種類に達した。1日に1種類のぺースで仮想通貨が新規上場されていることになる。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/06/03/2021060380006.html

2021-06-03-k005.jpg

バンク・オブ・アメリカ(BofA)は5月18日、韓国でビットコインなどの仮想通貨が国際価格を大幅に上回る水準で取引されていることについて、国境を越えたホットマネーを規制する資本規制により、裁定取引ができないことが理由だとのリポートをまとめた。仮想通貨取引所ビットスタンプのビットコインの価格は18日時点で4万5219ドルだが、コインマーケットキャップ・ドット・コムによると、韓国での取引価格はこの水準を約4000ドル上回っている。2018年1月には、この上乗せ価格(プレミアム)が一時8000ドル近くに達した。

同行は5月18日のリポートで、「韓国の仮想通貨の国内価格は、一貫して国際価格を上回っている。これは効果的な資本規制で国内価格と海外価格の効果的な裁定取引ができないことが理由だとみられる」と分析した。「韓国の資本規制により『キムチプレミアム』が続いている」との指摘だ。リポートによると、第1・四半期の韓国の仮想通貨の1日当たりの取引高は推定1480兆ウォン(1兆3100億ドル)。韓国株式市場のKOSPI市場とKOSDAQ市場の合計取引高を上回る日もあるとした。

関連記事

[ 2021年06月03日 08:39 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp