韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国で部品・素材分野の対日貿易依存度が過去最低に

韓国で部品・素材分野の対日貿易依存度が過去最低に

日本の韓国に対する輸出規制の実施から約2年が経過する中、素材・部品分野における韓国の対日貿易依存度が過去最低値を記録した。6月3日、韓国・聯合ニュースが報じた。

3日に韓国の産業通商資源部が発表した「素材・部品の総合情報網」によると、2021年1~4月における韓国の素材・部品分野の輸入額647億9500万ドル(約7兆1000億円)のうち、日本製品の割合は96億9600万ドル(約1兆630億円)で15.0%となった。これは前年の同時期の16.1%を1.1ポイント下回っており、統計が開始された2001年以来、最も低い数値だという。

素材・部品分野における日本製品の輸入の割合は、2003年に28.0%で最高値を迎えた後徐々に低下し、2014年に18.2%を記録した。その後は17%台にとどまっていたが、2019年には15.9%に低下した。一方で台湾製品の割合は前年の8.3%から9.3%に増加し、中国製品も29.1%から30.1%に増えているという。

スポンサードリンク
韓国政府は、2019年7月に日本が輸出規制を実施した直後から「素材・部品・装備の競争力強化対策」を打ち出し、関連技術の国産化支援や投資、サプライチェーンの多角化を進めてきた。これにより複数の韓国企業が半導体関連機器の生産に成功し、主要品目の輸入先も多様化してきたとされる。

しかし記事は、「それでも素材・部品分野において、日本に対する韓国側の貿易赤字はさらに拡大している」と報道。21年1~4月期の赤字額は53億9600万ドル(約5900億円)で、前年より7億900万ドル(約778億円)増加している。日本への輸出額は43億ドル(約4716億円)であり、前年よりも6.2%増えたものの、輸入額(96億9600万ドル)の半分にも達していないという。
https://www.recordchina.co.jp/b877475-s25-c20-d0201.html

2021-06-04-k001.jpg

2021年4月の日本の韓国に対する貿易収支の黒字は前年同月比34.5%増の2,231億円。黒字は2017年1月から一貫して連続。黒字幅は2017年1月以降最大であった2017年3月の74.7%の水準。今年1月から4月までの累積では7,809億円の黒字。黒字幅は前年の同期間に比べ30.5%拡大。

貿易収支で見ればさほど変わりは無い。日本依存度低下と言うが現実はそうではない。今後半導体設備・検査装置・部材の増加を考慮すれば、主力半導体の日本依存は増加する。

関連記事

[ 2021年06月04日 10:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp