韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  三星電子、企業サーバー用SSDを発売

三星電子、企業サーバー用SSDを発売

三星(サムスン)電子は2日、保存スペースを有効に使う技術を採用した企業サーバー向けソリッドステートドライブ(SSD)を発売したと、明らかにした。

三星電子が今回採用したのはZNS(Zoned Namespace)技術で、全体保存スペースを小さく一定の区域に分け、用途と使用周期が同じデータを同じ区域に保存する次世代技術だ。 ZNS技術を採用すれば、ガベージコレクションの過程を経ないため、寿命を3〜4倍に伸ばすことができる。

三星電子が今回発売したZNS・SSDは、第6世代Vナンド基盤の4TB、2TB容量製品だ。ZNS・SSDは人工知能(AI)、ビッグデータ、モノのインターネット(IoT)などの拡散によって、急速に増えるデータを効率的に管理するのに役立つものと見られる。
https://www.donga.com/jp/

スポンサードリンク
サムスン電子が保存容量を最大限活用できる次世代企業サーバ向けSSDを発売した。人工知能(AI)、ビックデータ、モノのインターネット(IoT)などの拡散によって急増するデータをより効率的に管理できる。 2日、サムスン電子によると、新製品「ZNS SSD PM1731a」は6世代Vナンド基盤の4TB、2TB容量2.5インチの製品だ。

2014-01-08-sam.jpg

ZNSはSSD全体の保存空間を小さくて一定容量のエリアに分け、用途と使用周期が同じなデータを同じエリアに保存し、SSDを効率的に活用できるようにする次世代技術である。 一般的なSSDは内部の保存空間を分けずに、複数のソフトウェアから生成されるデータを任意に保存する。 また、データの書き込みと削除の単位が違って、上書きが不可能なナンドフラッシュメモリの特性のため、SSDを使うと有効なデータと不要なガーベージ(Garbage)領域が混在し、SSDの保存空間を効率的に使用することが難しい。

一方、ZNS SSDは用途と使用周期が同一のデータを各自定められた区域に逐次的に保存し、区域単位で消すため、ガーベージコレクションによる追加の読み取り・書込みが発生せず、書き込み回数に影響を受ける既存のSSDの寿命を最大3~4倍ほど増加させることができる。 一般的なSSDとは違って、ZNS SSDでは別途の余裕空間領域を割り当てる必要がないため、SSDを最大容量で活用することが可能だ。

関連記事

[ 2021年06月04日 10:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp