韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  三星電子の半導体工場、世界初「炭素・水・廃棄物削減」認証を獲得

三星電子の半導体工場、世界初「炭素・水・廃棄物削減」認証を獲得

三星(サムスン)電子は3日、世界の半導体メーカーとしては初めて、韓国内外の全事業所が英カーボントラストの「炭素・水・廃棄物削減」の認証を受けたと明らかにした。カーボントラストとは、英政府が2001年に気候変動への対応および炭素削減のために設立したエコ認証機関だ。

三星電子は、国内の器興(キフン)、華城(ファソン)、平沢(ピョンテク)、温陽(オンヤン)、天安(チョンアン)の5事業所をはじめ、米オースティン、中国西安、蘇州、天津の国内外の計9事業所について「炭素・水・廃棄物削減」の認証を受け、「トリプルスタンダード」のラベルを取得した。トリプルスタンダードラベルとは3年間、全事業所の炭素排出量(3.7%)、水使用量(2.2%)、廃棄物排出量(2.1%)を削減し、各経営体制についての総合評価基準を満たした企業にのみ授与される。三星電子は同日、2018〜2019年に各生産工程で使用および排出された平均量に比べて、2020年に炭素、水、廃棄物をそれぞれ9.6%と7.8%、4.1%削減して基準を満たしたと発表した。

三星電子DS部門持続可能経営事務局のチャン・ソンデ専務は、「超微細工程基盤の低電力半導体、環境にやさしい水処理による地域生態系の復元、温室効果ガス削減設備の開発などを通じて、半導体事業の持続可能性を高めていきたい」と明らかにした。
https://www.donga.com/jp/

スポンサードリンク
サムスン電子は国内外の主要半導体事業場に対して、世界的権威を誇る認証機関から炭素・水使用・廃棄物削減の認証を取得した。半導体業界では最初の事例であり、サムスン電子の環境・責任・透明経営(ESG)に対する努力が認められた結果だ。米アップルなどの協力社のESG経営までを強調し、グローバルな各顧客社にサムスン電子の魅力をいっそう高める契機になるとしている。

2021-06-04-k003.jpg

サムスン電子は3日、国内外のすべての半導体工場に対して、英カーボントラスト(Carbon Trust)が「炭素、水、廃棄物削減」を認証し、「トリプルスタンダード(Triple Standard)」のラベルを付与したと明らかにした。認証を受けたのは国内の工場5ヵ所(器興・華城・平沢・温陽・天安)であり、海外では米テキサス州オースティン工場と中国の西安・蘇州・天津工場となる。

カーボントラストは英国政府が2001年の気候変動への対応と、炭素削減案の一環として設立された環境認証機関だ。温室効果ガスの排出測定と低減に関する世界初の独立認証機関でもある。カーボントラストのトリプルスタンダードは、ここ3年間で炭素排出量3.7%と水の使用量の2.2%、および廃棄物の排出量2.1%それぞれ低減し、各分野の経営システムの総合評価基準を満たした事業所や企業に授与されている。この時の低減基準は「排出原単位」で、炭素・廃棄物の排出量に特定の経済指標を反映して算出する。

サムスン電子は昨年、原単位に換算した二酸化炭素排出量と水使用量、および廃棄物排出量を2018~2019年の平均値比でそれぞれ9.6%、7.8%、4.1%低減し、カーボントラストの基準を満たしたと説明した。サムスン電子の関係者は、「半導体製品の微細化と高集積化の傾向によって工程がさらに複雑になり、水の使用量と炭素・廃棄物の排出量も増加した。半導体全事業場からの水の使用量と炭素・廃棄物の排出量を低減することは非常に難しい」と語る。

関連記事

[ 2021年06月04日 11:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp