韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済 「消費不振緩和し、緩やかな景気回復維持」=政府系機関

韓国経済 「消費不振緩和し、緩やかな景気回復維持」=政府系機関

韓国政府系シンクタンク、韓国開発研究院(KDI)は7日に発表した「6月の経済動向」で、「製造業の改善傾向が一時的に鈍化したものの、サービス業の不振が徐々に緩和されて緩やかな景気回復の流れが維持されている」と指摘した。

4月の全産業の生産は鉱工業とサービス業の生産が新型コロナウイルスの影響で大きく落ち込んだ昨年からのベース効果(反動)などで大幅に増加し、8.8%の増加率を記録した。 KDIは「国内外の条件を考慮すれば製造業の改善の流れは持続すると予想されるが、対面サービス業を中心にしたサービス業の回復傾向は当分微弱だろう」と見通した。 また輸出と設備投資については、「世界景気が米国と中国を中心に速いペースで回復し、大幅な増加傾向を維持している」と分析した。

対外条件の改善に、ベース効果が加わったことで、5月の輸出増加率は前月(41.2%)に続き45.6%の高水準を記録した。 一方、消費については「消費心理の改善が早く、小売販売額が高い増加ペースを維持するなど、消費不振が緩和している」と分析した。

スポンサードリンク
4月の小売販売額は前月(10.9%増)に続き8.6%の高い伸びを維持した。 経済状況に対する消費者の心理を総合的に示す消費者心理指数(CSI、基準値100)も5月は前月(102.2)より3.0ポイント上がった105.2を記録した。 ただKDIは「グローバルな原材料および中間財の需給不均衡は今後の景気回復のリスク要因として作用する可能性がある」と指摘した。 また「車両用半導体や鉄鋼などの需給に支障が生じ、製造業と建設業の生産が一時的に制約される可能性がある」とし、「原油価格をはじめとする原材料の価格急騰はインフレ率の上昇圧力として作用している」と説明した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/3925c667cabf87c1a307abf2b138342cafae6ca9

2015-05-29-wa-2.jpg

韓国は中国に続き、新型コロナウイルス・パンデミック以前の経済成長水準に回復しつつある。2021年最初の3カ月間に年率1.6%の成長を記録した。個人消費の加速、企業投資の増加、政府支出の増加により、韓国は、米国や日本などの経済大国を上回るスピードで、2020年の大不況から脱出しようとしている。 加えて、韓国銀行のパク・ヤンス経済統計局長は、中国の復活に加え米国や欧州の経済も回復し始めたことが、輸出の好調という恩恵をもたらすだろうと伝えている。

韓国経済崩壊と言う文字が長い間語られているが、外資で支えられる大手企業と、日米に助けられる政治背景がある。企業のみならず地方銀行は、外資が支配し、製造企業は日本のメガバンク融資や、通貨危機予防策とすれば、米国との為替スワップなどに助けられている。今後も継続するが、既に国家予算の過半が外責で、負債は毎年数十兆円規模で膨れ上がる。何時国家破綻となっても不思議では無いが、事あるごとに日本或いは米国へすり寄り、事なきを得ている。

問題はいつ手を上げるのかと言う部分でしかない。恐らくはこのまま、住みにくい競争化社会のまま、高齢化社会が進み自滅を待つだけとなりそうだ。外資を政府がいかに有効利用できるかがカギとなる。一方で低レベルな外交力は今後は通用しない。国家予算の過半が外責となる韓国政府の我儘外交力は限界にきている。 良い意味で現状を維持できる外交を実施せざる負えない。

関連記事

[ 2021年06月09日 08:19 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp