韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  世界で「最も暮らしやすい都市」は?…コロナが大きく影響

世界で「最も暮らしやすい都市」は?…コロナが大きく影響

ニュージーランドのオークランドが、今年の最も暮らしやすい都市に選ばれた。 「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」は最近「2021年世界生存可能性指数(Global Liveability Index 2021)」と題する報告書をまとめ、このように発表した。同報告書は、世界の140都市を対象として安全性、基盤施設、教育、医療施設へのアクセス性などの要素を評価して作成された。

今年は特に、新型コロナウイルス防疫が都市評価に大きな影響を及ぼしたため、ヨーロッパの都市が上位から後退し、ニュージーランド、オーストラリア、日本の都市が高い点数を得た。例えば2018年、2019年と連続して1位だったオーストリアのウィーンはベスト10圏外となった。

上位10位の都市は、1位のオークランドに次ぐ2位が日本の大阪、3位がオーストラリアのアデレード、4位がニュージーランドのウェリントン、5位が日本の東京、6位がオーストリアのパース、7位がスイスのチューリッヒ、8位がスイスのジュネーブ、9位がオーストラリアのメルボルン、10位がオーストラリアのブリスベンだった。 報告書を発表したエコノミスト・インテリジェンス・ユニットは、英国の週刊誌『エコノミスト』を発行するエコノミスト・グループの研究所。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/40237.html

スポンサードリンク
エコノミストの調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」が世界140都市を対象に、生活環境の安定度やインフラ、教育、医療の利用しやすさなどを分析してまとめている。今年は、新型ウイルスのパンデミックが結果を大きく左右。ヨーロッパの都市が順位を落とし、オーストラリア、日本、ニュージーランドの街が評価を上げた。

2021-06-11-k002.jpg

1位はオークランドで、大阪、アデレード(オーストラリア)、ウェリントン(ニュージーランド)、東京が順に続いた。EIUは「オークランドは新型コロナウイルスのパンデミックをうまく抑制し、社会を機能させ続けた。そのことが高く評価され1位になった」とした。都市が高評価を受けたオーストラリア、日本、ニュージーランドはいずれも島国で、感染の流行に素早く対応した。感染者を比較的少なく抑えるとともに、社会的な制限を緩和できたとした。

最も大きく順位を落としたのはハンブルク(ドイツ)で、昨年から34位下げて47位になった。ドイツやフランスの都市は、新型ウイルスのパンデミックで医療資源への負荷が増したことで、評価が悪化した。最下位はダマスカス(シリア)のままで、今も続く内戦の影響が大きい。下位の都市の多くは紛争に見舞われ、医療制度とインフラが影響を受けている。

関連記事

[ 2021年06月11日 08:17 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp