韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  G7、2023年までにワクチン10億回分を寄付

G7、2023年までにワクチン10億回分を寄付

主要7カ国(G7)は、2023年までに全世界に10億回分の新型コロナウイルスワクチンを寄付することを決めた。 10日(現地時間)のロイター、AP通信などの報道によると、英国のボリス・ジョンソン首相はこの日、英国のコーンウォールで行われるG7サミットを前に、7カ国の首脳が「今回の会議で、コロナワクチンの生産量を拡大し、国際配分計画などを通じて少なくとも10億回分を全世界に供給する」との内容に合意するだろうと述べた。

AP通信によると、10億回分のうち5億回分は米国が寄付の意思を明らかにし、英国は1億回分を寄付する。フランスも3000万回分を寄付する予定。 バイデン米大統領は同日、これに先立ち、コロナ禍の終息を早めるために、低所得国を中心として全世界に5億回分のファイザー製ワクチンを寄付することを明らかにしている。今年8月から年末までに2億回分が提供され、残りの3億回分は来年上半期までに提供される。対象国は92の低所得国とアフリカ連合(AU)。今回の5億回分は、米国がすでに提供を明らかにしている8000万回分のワクチンとは別に提供される。

ジョンソン首相もこの日「英国は今年9月までにワクチン余裕分500万回分を貧しい国などに送り、来年までに少なくとも1億回分を寄付する」と明らかにし、フランスのエマニュエル・マクロン大統領も米国の公約を歓迎し、欧州も寄付に参加すべきと述べ、年末までに少なくとも3000万回分のワクチンを寄付すること明らかにした。

スポンサードリンク
G7が寄付することを決めたワクチンは、コロナワクチンは一般的に接種が2度必要となることから、5億人分と見られる。これは全世界の人口70億人の約7%にあたる。人権活動家たちは、先進国はワクチンをさらに多く、さらに早く支援すべきだと主張している。貧困問題に取り組む団体「ONE」のリース・ウォラスさんは「G7の寄付する10億回分のワクチンは最小限の値であるべきで、時間も短縮すべき」と主張した。 コロナ禍発生以降、対面で初となる今回のG7サミットには、加盟国の米国、英国、ドイツ、フランス、カナダ、日本、イタリアの首脳とともに、招待国の韓国、オーストラリア、南アフリカの首脳らが出席する。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/40251.html

2021-06-12-k002.jpg

英南西部コーンウォールで11日に開幕する先進7カ国首脳会議(G7サミット)で、主要議題の新型コロナウイルスワクチンの公平分配を巡り、各国首脳が計10億回分以上を世界に提供することで合意する見通しとなった。途上国の支援に加えて、ワクチン外交を展開する中国、ロシアに対抗する思惑もある。 またワクチン接種の普及では、早期に自国分を確保した先進国と途上国の格差が広がり、是正を求める声が強まっていた。

一方で問題もある。米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が開発した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの米国内での接種がペースダウンしている。安全性の懸念に加えて、ワクチン接種に対する需要が全般的に足踏みしているためだ。このため、米国内向けに生産された2100万回分のワクチンのうち、半分近くが未使用のままとなっている。これだけ接種ペースが落ちると、J&J製ワクチンの一部は使用期限切れを迎えてしまう。

一方で、世界全体ではどのメーカーのものであれCOVID-19ワクチンへの需要は高い。米国政府は3日、2500万回分のワクチンを他国に無償提供すると発表したが、その一部はJ&J製ワクチンになる。

関連記事

[ 2021年06月12日 08:14 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp