韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国自動車最悪の出庫大乱…ツーソンやソレントは「6カ月待ち」

韓国自動車最悪の出庫大乱…ツーソンやソレントは「6カ月待ち」

車載用半導体供給不足が史上最悪の新車「出庫大乱」につながっている。出庫待ちは最小1カ月から最大6カ月以上に達する。起亜「ソレント」、現代自動車「ツーソン」など人気モデルはいま契約しても来年に引き渡されることになる。

14日の業界によると、今月の契約基準で現代自動車、起亜、ジェネシスのモデル別出庫待ち期間は平均3カ月に達する。5月に比べ1カ月ほど待機期間が延びた。過去に特定の人気モデルの出庫待ちが一時的に3カ月に達したのと違い、いまはすべてのモデルがたまっている。 出庫停滞が最も激しいモデルは起亜の「ソレント・ハイブリッド」だ。6月の生産計画は1000台にすぎないが、貯まっている注文は2万1300台に達する。生産台数は注文量の20分の1にも満たないでいる。今月契約しても7カ月後の来年初めに引き渡されることになる。

6カ月以上滞っている現代自動車「ツーソン・ハイブリッド」も同様だ。注文は1万2000台も貯まっているのに今月の生産は580台にすぎない。ハイブリッドカーに対する個別消費税と取得税減免制度が今年末に終了する予定のため消費者の混乱が大きくなっている。

スポンサードリンク
現代自動車「アバンテ」は注文から引き渡しまで3カ月、「コナ」は4カ月待たなければならない。起亜「K8」は4カ月、「セルトス」は4.5カ月かかる。出庫大乱が起きたのは車載用半導体不足により先月現代自動車蔚山(ウルサン)工場と牙山(アサン)工場、起亜所下(ソハ)工場などが相次いで休業したのに伴ったものだ。業界関係者は「先月の全生産台数は20%ほど減ったのに対し、消費回復とともに注文が急増して内需用車両の在庫が底を打っている」と話した。
https://japanese.joins.com/JArticle/279655?servcode=300§code=320

hyundai-1.jpg

現代自動車の米アラバマ工場が半導体需給問題から稼動を中断する。14日の業界によると、現代自動車アラバマ工場(HMMA)は車載用半導体供給の支障によりこの日から1週間にわたり工場稼動を中断することにした。さらにHMMAは今月26日から来月11日までは夏休みで稼動を中断する予定のため、生産への支障が予想される。現代自動車米国法人関係者は、「今週は車の出庫がないが、工場が完全に止まるのではない。アラバマ州政府と協力し今回の稼働中断で影響を受ける従業員を対象にした支援策を話し合っている」と話している。

HMMAは起亜(キア)ジョージア工場に送るエンジン生産などは継続する予定だ。起亜ジョージア工場も稼働は中断しないが、生産台数調整に入った。ジョージア工場はこの日から1週間3交代勤務から2交代に転換する。 1-3月期から始まった車載用半導体の供給支障は依然として好転する兆しが見られない。現代自動車の海外生産法人だけでなく、蔚山工場と牙山工場、起亜の華城工場も半導体不足で一時稼働を中断した。業界は生産支障が今年だけでなく来年まで余波が及ぶと予想している。

これに先立ち13日に現代自動車グループの鄭義宣会長が米国に向け出国した。4月から2カ月ぶりの視察となる。

関連記事

[ 2021年06月15日 09:28 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
経営者はどこに?
部品待ちで、工場内に6か月も滞留するという。
記事で抜けているのは、起亜、現代は、どのような調達努力をしているか。
交渉を頑張らないと、納品待ちの中で順番最後に置かれます。

現代自会長が訪米、次世代事業を視察、という記事が見えるが、
のんびりしている。いまは、自社内視察ではなくて、調達交渉だろう。
[ 2021/06/15 11:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp