韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  三星電子、6G通信の実演に成功

三星電子、6G通信の実演に成功

三星(サムスン)電子は16日、米カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)と共に、第6世代(6G)テラヘルツ(THz)帯域で、通信システムの実演に成功したと明らかにした。テラヘルツ帯域とは、5G比最大50倍速いデータ伝送速度を目指す6G通信候補の周波数帯域だ。三星電子側は、「今回の実演成功は、6G商用化実現の可能性を示す重要な道標だ」と明らかにした。

電波通信規約を担当する国際議決機関ITU-Rなどによると、2030年までモバイルデータの通信容量は年平均54%ずつ爆発的に増加するものと見られる。オンライン勤務や教育などの非対面経済が活性化し、モノのインターネット(IoT)や仮想・拡張現実などの新サービスの登場などが主な要因となっている。このため、増加したデータ通信容量を収容するためには、より広い通信帯域幅が必要となる状況である。

三星電子と三星リサーチアメリカ(SRA)、そしてUCSBの研究チームは、共同でテラヘルツ帯域である140GHzを活用して、送信機と受信機が15メートル離れた距離で6.2Gbps(1秒当たりのギガビット)のデータ伝送速度を確保して実演した。テラヘルツ帯域は100ギガヘルツ(GHz)〜10テラヘルツ(THz)間の周波数帯域を意味するが、一般的に周波数帯域が上がれば上がるほど超高速通信に適している。

スポンサードリンク
6Gが商用化すれば、仮想融合技術(XR)やホログラムのような新規サービスをモバイルで経験できる。また、モバイル通信技術が都心の航空モビリティにまで拡大されるものと予想される。三星リサーチのチェ・ソンヒョン次世代通信研究センター長(専務)は、「三星電子はこれまで5G、6Gの技術革新と標準化を主導してきた」とし、「6G技術の研究を本格化し、グローバル標準化と技術開発生態系を主導的に導いていく計画だ」と述べた。
https://www.donga.com/jp/

2021-06-17-k003.jpg

6Gとは、5Gに続く新たな次世代通信規格となる。5Gの登場によってダウンロード速度はより一層高速化し、待ち時間は減少するが、イギリスの携帯電話会社Vodafone UK(ボーダフォン)のCTO(最高技術責任者であるScott Petty氏は、「5Gは数年後にはネットワークに接続されている『モノ』の数を処理できなくなる」と述べている。 なぜなら今後登場するさまざまな分野のIoT製品によって、IoTがより一層複雑になったり、データ需要が大幅に増加したりとネットワークへの負担が増大する可能性があるからだ。そのため、早急に6G実現に向けて動き始める必要があり、世界中の研究機関やネットワークベンダーが6Gを実現させるための技術開発に挑んでいる。

6Gの技術により、伝送容量(伝送可能な情報量の上限)は、最低毎秒10ギガビット(5Gの場合)から毎秒100ギガビットへ増加する。通信遅延は、1ミリ秒から1ミリ秒未満に、接続密度は100万台/平方キロメートルから1,000万台/平方キロメートルとなる。6Gでは、現状と比べて通信容量が拡大し通信も高速化。通信に必要なモジュール(構成要素)があらゆるものに溶け込むため、人々がバックグラウンドでの通信を意識することなく情報処理が行われるようになると考えられる。また、これまで一般的に利用できなかったサービスの実現も期待できるだろう。例えば、米マイクロソフトが開発中のテレポーテーションをしたかのような体験ができる”Holoportaion”(遠隔地にいる人を、3D映像として別の場所へ移動させる技術)がより現実味を帯びてくる。

関連記事

[ 2021年06月17日 08:41 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp