韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  任天堂など日米ゲーム機メーカーが部品不足に直面

任天堂など日米ゲーム機メーカーが部品不足に直面

新型コロナウイルス感染症の影響が続いていることから、ソニー、任天堂、マイクロソフトなど日米のゲーム機メーカーが部品不足に陥っている。市場で人気のゲーム機を新しく発売したものの、今後の業績の伸びは部品不足による生産力低下の影響を受ける可能性がある。「経済参考報」が伝えた。

海外メディアの報道によると、日本の任天堂は米国で行われたゲーム見本市「E3」で次世代ゲーム機の主力商品「Switch Pro(スイッチプロ)」を出展する予定だ。スイッチシリーズは昨年から現在まで目覚ましい売り上げを達成し、「おうち経済」の受益者になった。しかし部品不足が続いているため、ソニーの「PS5(プレイステーション5)」やマイクロソフトの「Xbox(エックスボックス)」シリーズなどと同じく、品切れ状態になる可能性がある。

昨年以来、「おうち経済」の恩恵を受けて、自宅でフィットネス、エンターテインメント、SNSなどの機能を備えたスイッチが、任天堂の歴代ゲーム機の中でも最高の売り上げを記録した。ハードウェアのバージョンアップに伴い、スイッチプロの価格は現行の標準版スイッチの299ドル(約3万3千円)より高くなる可能性があり、ここにも部品の供給不足による値上がりの影響がうかがえる。

スポンサードリンク
ソニーとマイクロソフトも感染症を受けてニーズが大きく増加したが、昨年下半期に発売されたPS5とXboxは売り上げが止まり価格が上昇している。その主な原因は、部品不足のために生産量が大幅に縮小して、市場のニーズに応えられなくなったことだ。ソニーはこのほど、市場のニーズが旺盛なところへ、部品不足の問題が起こったため、PS5は2022年まで品切れ状態が続く可能性があり、サプライチェーンの再構築にも数年かかる見込みであることを明らかにした。

日本メディアによれば、任天堂は今年の出荷量を小幅に下方修正した。半導体が不足する中で、次世代ゲーム機のスイッチプロは当初の生産量が相当限られたものになる可能性もある。「日本経済新聞」の報道では、部品不足により生産能力が不足し、日本の主力ゲーム機は中古市場で価格が高騰し始めており、中古ゲーム機のニーズも非常に旺盛だという。
https://www.recordchina.co.jp/b878126-s6-c20-d0190.html

2021-06-18-k006.jpg

トヨタ自動車は半導体不足の影響で、6月に国内2工場3ラインの稼働を最大8日間停止するものの、今期の連結決算見通しに織り込み済み。業績や販売計画に変更はないという。 エレクトロニクス業界も引き続き状況を注視する。任天堂は半導体不足が家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の製造に影響する可能性を示唆。古川俊太郎社長は「世界的な半導体部材の需給逼迫(ひっぱく)の影響もあり、生産が追いついていない」と説明する。22年3月期のスイッチ販売計画は、過去最多の販売台数を記録した前期に比べ11・5%減の2550万台に設定したという。

キヤノンも半導体部品の価格上昇などにより、21年12月期の営業利益に50億円の減益要因を織り込む。半導体部品の設計変更や転注をかけるといった対策を講じる。7―9月期までは供給不足の影響が残ると見るが、年末までには解消する方針。 工作機械など生産財にも影響は顕著だ。芝浦機械の坂元繁友社長は半導体不足について「足元で非常に厳しい」と説明している。同社は22年3月期業績見通しに、半導体などの部材不足の影響を織り込みつつ、対応策として「計画的な発注で(在庫を)確保して、最大限の生産を行う」とした。

関連記事

[ 2021年06月18日 08:47 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp