韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「韓国が自動車で日本を越えた」と韓国メディア、インド市場でも初のシェア1位

「韓国が自動車で日本を越えた」と韓国メディア、インド市場でも初のシェア1位

2021年6月18日、韓国メディア・韓国経済は「“越えられない壁”だった日本を越えた、自動車の日韓戦で韓国が完勝」と題する記事を掲載した。

記事によると、現代自動車と傘下の起亜自動車は先月のインド市場シェアで、前月(23%)から12ポイント急増の35%を記録し1位となった。月単位で1位となるのは、現代自動車が1998年に現地工場を設立して以来初めて。約40年にわたりトップの座を守っていたマルチ・スズキの同期間のシェアは47%から32%に減少したという。

記事は「2社の順位が入れ替わったのは、現代自動車・起亜のSUV『クレタ』や『ソネット』などが人気を博し、マルチ・スズキの製品を圧倒した結果だ」と伝えている。また、「インド内の新型コロナウイルス拡散によりマルチ・スズキの生産施設が休止したことも影響を与えた」と分析している。

以前はトヨタが占領していたベトナム市場でも、2019年からは現代自動車・起亜がシェア1位となっている。今年1~4月には3万7354台を売り上げてトヨタ(1万8973台)を大きく上回り、その差は拡大しつつあるという。記事は「軽自動車の代わりに小型車の販売が拡大しているベトナムでは、現代自動車のアクセントが『トヨタのヴィオスと同じ価格帯でありながら基本オプションが多様』との理由で人気を得ている」と説明している。

スポンサードリンク
さらに、ロシアでも今年1~5月にクレタの売り上げ好調により16万1409台を販売し、トヨタを4倍以上上回った。ブラジルでも同期間に8万419台を販売し、トヨタ(6万2094台)を上回った。昨年人気を博したハッチバックモデルHB20の新型を発売し、シェア拡大を図ったという。米国でも先月に17万4043台を販売し、4位のホンダ(17万6815台)と接戦を繰り広げているという。
https://www.recordchina.co.jp/b878179-s25-c20-d0191.html

2021-06-20-k003.jpg

2020年インド市場は、シェア首位のマルチ・スズキと2位の現代が、それぞれ前年度比8.5%減、2.8%減となった。トップ10社のうち、7社が減少。ニューモデルを積極的に投入したタタモーターズは前年度比62.1%増、2019年から多目的自動車にターゲットを絞った生産・販売を開始した起亜自動車は83.4%増、そのほかMGモータースが62.1%増と、それぞれ大きく伸びた。なお、日系4社の市場シェアは54.9%となり、2019年度の59.4%から低下した。

またスズキのインド子会社のマルチスズキは4月13日、2020年4月~2021年3月のインド新車販売(乗用車)において、スズキ車がベスト5を独占した。全販売台数145万7861台の内訳は、インド国内が136万1722台。前年比は6.8%減と、2年連続のマイナスだ。輸出も9万6139台にとどまり、前年比は5.9%減と3年連続のマイナスとなった。そんな中、スズキ車がベスト5を独占した。最量販車は『スイフト』で17万2671台。以下、『バレーノ』が16万3445台、『ワゴンR』が16万0330台、『アルト』が15万8992台、『ディザイア』が12万8251台。5台は、インドで主力のAセグメント車となる。

マルチスズキによると、トップ5モデルの販売台数を合計すると、インド乗用車市場のほぼ30%を占めるという。また、2020年度のインド販売台数上位10車種のうち、マルチスズキは7車種を占めた。インドで最も売れている5台の車は4年連続でマルチスズキ、としている。

関連記事

[ 2021年06月20日 08:27 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
足すな、足すな、という話。
ジェトロ発表によると、
現代とキアの合計で36015台
(現代25001、キア11050)

スズキ32903台となっている。

https://news.infoseek.co.jp/article/jetro_4d6928531dea9b2a/


足すな足すな、という話。

それにしても「完勝」とかのレベルではないのは明らか。
しかも単月。

韓国のメディアは、お粗末で底が浅い、
バカ揃いなのが分かる記事である。
[ 2021/06/20 15:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp