韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LG生建、中国の618ショッピング祭典で893億ウォンの売上

LG生建、中国の618ショッピング祭典で893億ウォンの売上

韓国の化粧品ブランドが、今年上半期に中国で最大割引イベント「618ショッピングフェスティバル」で前年より高い売り上げを記録した

LG生活健康は、618ショッピングフェスティバルで、「フー」、「スム」、「オフィ」など6つの高級化粧品ブランドの売上が、Tモール(Tmall)基準で約893億ウォンを記録したと明らかにした。これは前年より70%ほど伸びた数値だ。618ショッピングフェスティバルは、中国イーコマース・プラットフォーム「京東ドットコム」が、アリババの光棍節をモデルに作ったイベントだ。Tモール、アリババなどの主要メジャーオンラインモールが参加する大規模な割引イベントだ。

LG生活健康の主力ブランドの「フー」は、前年より売り上げが72%伸び、エスティローダー、ランコムなどに続き、Tモール高級化粧品ブランドのランキングで5位についた。フーの人気商品「天気丹(チョンギダン)ファヒョン」セットは、Tモールの全カテゴリーの中で単一製品の売上基準で3位となった。フーの高価ライン化粧品である「天気丹ファヒョン」セットには、「山参玉珠」「鹿茸粉骨」など30種類以上の漢方成分が配合されている。この他にも、オフィ(55%)、スム(90%)、VDL(209%)など、様々な高級ブランド化粧品の売上が前年より大幅に成長した。

スポンサードリンク
愛敬(エギョン)グループも、Tモール基準の売上が前年より25%伸びた。特にAGE20'sのエッセンスカバーパクトは、イベント期間中に22万5000個が売れた。このパクトは、Tモール国際館内のBBクリーム部門で販売順位1位を記録した。AGE20'sと中国の有名インフルエンサーである薇婭が一緒に企画した化粧品セットは、事前予約期間中に2万5000個分が完売したりもした。愛敬産業の関係者は、「中国での売上拡大に向けた事前準備やメイクアップ需要が次第に増えている雰囲気だ」と伝えた。
https://www.donga.com/jp/

2021-06-23-k003.jpg

株式会社LG生活健康は、韓国ソウル市鍾路区に本社を置く主要消費財メーカー。化粧品や日用品、飲料事業を展開し、コカ・コーラブランド製品の韓国におけるボトラーでもある。同社は韓国で2番目に大きな化粧品メーカーであり、競合他社との差を縮め続けている。ハイエンド化粧品事業は急速に成長しており、主要なブランドとして「The History of Whoo」や「O Hui」、「SU:M37」、「belif」などがある。「The History of Whoo」は、韓国の主要な免税店で他のすべてのブランドの中でも最高の売上を記録している。ミドルからローエンドの化粧品ブランドとしては「ISA KNOX」や「Sooryehan」、「BEYOND」、韓国最大のブランドショップである「ザ・フェイスショップ」などがある。

韓国の生活用品大手、LG生活健康は24日、同社傘下の銀座ステファニー化粧品が化粧品・健康機能食品製造会社のエイボン・プロダクツ(本店・東京都新宿区)の全株式を約1032億5000万ウォン(約104億円)で、2018年に取得している。 エイボン・プロダクツは米エイボンの日本支社として1968年に設立され、50年間化粧品事業を行ってきた。昨年の売上高は約100億円で、ランコムやエスティローダーなどのグローバルブランドよりも高い売り上げを記録している。 LG生活健康は、2012年に化粧品の製造・販売会社「銀座ステファニー化粧品」、13年に機能性食品の通信販売会社「エバーライフ」を買収し、日本市場での事業基盤を固めてきた。

同社は日本の消費者が自国の化粧品ブランドを好む点や、流通企業との関係が重要視され、外国企業の参入障壁が高いという特性を考慮し、消費者と直接コミュニケーションできる通信販売市場にまず進出した。 最近では、クッションファンデーションなどの新製品を日本の大手テレビショッピングチャンネル、QVCジャパンで販売するなど事業領域を広げている。

関連記事

[ 2021年06月23日 08:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp