韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国自営業者への貸付残高19%増加…増加ペースは家計の2倍

韓国自営業者への貸付残高19%増加…増加ペースは家計の2倍

新型コロナウイルス感染症の流行が長期化して店を通常営業できずにいる自営業者たちの借金が増え、警告ランプがともっている。1-3月期には借金の増加ペースが速まった。韓国銀行が22日に公開した報告書によると、1-3月期の自営業融資は831兆8000億ウォン(約81兆2000億円)で、前年比19%増加した。自営業融資の増加率は家計向け融資の貸付残高増加率(10%)の約2倍に達している。昨年1-3月期も新型コロナショックで自営業者融資が10%増えたが、それからさらに19%増えたという意味だ。自営業融資の増加率は昨年1-3月期10%、4-6月期15%、7-9月期16%、10-12月期17%と増加幅が広がる傾向にある。

業種別では、レジャー業融資が31%、卸売・小売業が24%、宿泊・飲食業が19%増加した。新型コロナの影響を多く受けた業種の融資が特に多く増えている。韓国銀行は報告書に「新型コロナ以降も政府の金融支援などで延滞率(0.2%)はまだ低い水準を維持している。しかし、金融支援が終了し、市場金利が上昇したら、延滞が増える可能性があるため、金融機関の先制的引当金積立や政策当局によるそれぞれのケースに合わせた支援策が必要だ」としている。

自営業者の融資の中には、複数の金融機関から資金を借りたり、所得より元利金返済額の方が高かったりする「危険な融資」が多いという点も問題だ。韓国銀行によると、自営業者の中の「ハイリスク世帯」は昨年末基準で19万2000世帯に達し、昨年3月(10万9000世帯)より76%増えた。

スポンサードリンク
これらが借りた資金は76兆6000億ウォン(約7兆5000億円)で、同期間で38兆ウォン(約3兆7000億円)増えた。韓国銀行は「ハイリスク世帯」を「DSR(所得に対する元利金返済額の割合)が40%を超え、資産より負債が多い世帯」と定義している。これらの人々は、金利が上がって元利金償還負担がさらに増えると、融資を返済できなくなる可能性が高い。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/06/23/2021062380006.html

2021-06-23-k005.jpg

昨年1年間、韓国の自営業者が事業を維持するために負った借金が120兆ウォンに迫る。新型コロナウイルスで営業制限や営業禁止が続いて売り上げが急減し、赤字が大きくなると、負債して辛うじて持ちこたえている自営業者がそれだけ多いという意味。政府の措置による営業上の打撃を補償するとして与野党が推進してきた損失補償法の4月の国会処理も失敗に終わり、自営業者の不満は大きくなるほかない。

韓国銀行は、昨年末、全国238万4千人の自営業者の融資額が803兆5千億ウォンとなり、1年で118兆6千億ウォンも急増したとした。前年度の増加額60兆6千億ウォンの倍の水準で、全自営業者542万人の44%が平均3億3700万ウォンの負債をしていることになる。昨年初めて融資を受けた自営業者の負債だけでも125兆8千億ウォンにのぼる。賃貸料、電気料金を払えない限界線上の自営業者の中には、不法貸付業者などで借金する人も少なくなく、実際の負債の負担は統計に捉えられたよりも大きいと見なければならない。

このような状況で、自営業者が期待をかけていた「自営業者損失補償法」の4月臨時国会の処理は不発となり、来月に持ち越された。新型コロナウイルスのような事態が発生した時に損失補償を法制化するということに論議はあったが、与野党は法制化を強行する意向を明確にし、自営業者を期待させた。しかし、いざ通過直前に与野党と政府の意見が交錯し、国会常任委門の敷居を越えることができなかった。

関連記事

[ 2021年06月23日 09:08 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp