韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  SK総合化学、北米廃プラスチック会社の持分を10%取得

SK総合化学、北米廃プラスチック会社の持分を10%取得

SK総合化学は23日、廃プラスチックの分解・リサイクル技術を保有する北米企業ループインダストリーズに5650万ドル(約642億ウォン)を投資して、10%の持分を確保したと発表した。 ループインダストリーズは、汚染されたペットボトルやポリエステルの廃繊維などを低温で化学的に分解して、純粋な原料状態に戻す技術を保有している。今回の投資を通じて、SK総合化学は該当技術を基盤にアジア地域内でのリサイクルペット製品の生産・販売の独占権を持つことになる。

両社は来年に合弁会社を設立し、2023年内に韓国内に年産8万4000トン規模の廃ペットを処理できる工場建設に着手する計画だ。2030年まで韓国をはじめ、アジア地域内の4カ所に再生ペットの生産設備を構築するのが目標だ。投資が完了すれば、アジア地域だけでも年間40万トン以上の廃ペットを処理できるものと見られる。これは、大韓民国で年間発生する廃ペットボトルの総量である30万トンをすべてリサイクルしても余る規模だと、SK総合化学は明らかにした。

これに先立って、SK総合化学は、もう一つの廃プラスチックリサイクル技術企業の米ブライトマークと技術協力および投資を推進する一方、国内の関連技術会社エコクリエーションにも持分投資を行った。SK総合化学のナ・ギョンス社長は、「今後も世界的なプラスチックリサイクル専門企業との協力を拡大し、地球規模の廃プラスチック問題の解決を先導していきたい」と語った。
https://www.donga.com/jp/

スポンサードリンク
廃プラスチックのリサイクルが、石油化学企業の中核モデルとして成長している。環境汚染の主犯という烙印を押されたプラスチックをリサイクルして環境と社会的価値に応え、同時にビジネスモデルとして育てるという布石だ。これまで北米と欧州などの西欧圏で重要なトレンドとしてあげられてきた環境は、現在は国内でも「なくてはならない」価値として定着し、精油・石油化学・繊維メーカーなどが積極的な変身に乗り出している。

2021-06-24-k002.jpg

SK総合化学は、廃プラスチックのリサイクルのために、米国の熱分解油の製造技術の専門企業である米「ブライトマーク」社と国内初で商用化・設備投資のための了解覚書を1月に締結した。ライトマークは廃プラスチックや廃ビニールなどの廃資源から、再生燃料や天然ガスなどを生産する企業だ。熱分解油の製造技術とは、廃棄資源を熱分解してナフサを抜き取り、再び石油化学原料として使用する技術だ。 SK総合化学はブライトマークの熱分解油の製造技術で、廃プラスチックを再新しいプラスチック製品として生産するという計画だ。

GSカルテックスは、アモーレパシフィックのプラスチック製空瓶のリサイクルのための業務協約を1月に締結している。 GSカルテックスはアモーレパシフィックのプラスチック製空瓶100トンを親環境複合樹脂にでリサイクルし、これを化粧品容器などに再使用する。アモーレパシフィックの製品適用率は、今年の20%から2025年には50%まで引き上げる目標だ。複合樹脂は化粧品容器や自動車部品などの原材料として使用される機能性プラスチックで、国内の製油会社のGSカルテックスのみ生産している。年間生産量は2万5000トンだ。

暁星TNCは、親環境再活用繊維の「リジェン(Regen)」のリサイクルプロジェクトを拡大する。暁星TNCはソウル市と各自治区(矜川区・永登浦区・江南区)と、透明廃棄ペットボトルを分別して親環境繊維として再生する「リジェンソウル」プロジェクトに関する覚書を1月に締結している。

関連記事

[ 2021年06月24日 08:41 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp