韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代モービス、「メーターパネルのないHUD」を世界初開発

現代モービス、「メーターパネルのないHUD」を世界初開発

現代(ヒョンデ)モービスは24日、運転席のメーターパネルがなくても速度やナビゲーション方向案内などの走行情報をドライバーの目線で確認できる「クラスターレスヘッドアップディスプレー(HUD)」を開発したと発表した。

世界で初めて開発されたクラスターレスHUDは、従来の車両と違ってクラスターがないのが特徴だ。その代わり、クラスターで見られるすべての情報をHUDに表示する。現在もHUDは、車の速度などの走行状態や方向情報を発信する役割を果たしているが、メーターパネルの補助的役割に止まっている。このため、ドライバーは走行中も、ステアリングホイール(運転台)の後方のメーターパネルを見るため、走行中に視線が分散することが多かった。

現代モービス・クラスターレスHUDは、15インチ画面の上段を3つの区域に並べて配置し、下段の統合された一つの区域の計4区域で情報を表示する。上段には速度、1分当たりの回転数(RPM)、道案内が露出し、下段には変速モード、冷却水温度、残りの走行可能距離が現れる。

スポンサードリンク
現代モービスは、クラスターレスHUDが今後、電気自動車時代を迎え、広いスペースを確保するのに役立つものと見ている。クラスターがなくなる空間を運転手の広い乗車空間に活用したり、保管箱など他の用途に使えるからだ。
https://www.donga.com/jp/

2021-06-25-k003.jpg

HUD(ハッド)は車載用のアクセサリの一つとして知られる、ドライビング時の補助アイテム。GPS搭載モデルや、スピードメーターやタイヤの空気圧表示機能など、様々な種類の製品が発売されている。 例えば、ドライバーからみた景色にサンシェード型のヘッドアップディスプレイが、必要な情報を映し出すシステムで、交差点名、曲がるべきポイントなどが視線移動少なめで分かるので、ドライブに支障をきたさない。

カーナビと違い、目の前にルート、曲がるタイミングなどが表示され、なおかつ音声も流れますので、慣れると快適なのがヘッドアップディスプレイの特徴。また歩行者や対向車などのアラート情報を表示し、ドライバーの負担軽減ができる技術も着実に開発されており、日本の技術力、企業の新規展開などにも注視したい。

関連記事

[ 2021年06月25日 08:58 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp