韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国株価の上昇続く…初めて3300超

韓国株価の上昇続く…初めて3300超

3302.84。過去初めて3300を突破した25日のKOSPI(韓国総合株価指数)の終値だ。KOSPIの上昇が続いている。年初(1月7日)に3000時代を開いて以降、3100、3200を順に突破し、ついに3300を超えた。6カ月間に300ポイント(10%)上昇したということだ。この日の取引時間中には3316.08まで上昇した。前日の取引時間中の最高値は3292.27だった。

3300の扉を開いたのは外国人と機関だ。この日、外国人(3494億ウォン)と機関(5897億ウォン)の買いが株価上昇を牽引した。一方、これまで株価を支えてきた個人は8190億ウォン(約804億円)の売り越しとなった。 時価総額上位銘柄ではSKハイニックスが2%近く値上がりした。LG化学(0.84%)をはじめ、サムスン電子(0.49%)、現代車(0.21%)は小幅上昇した。この日、機関と外国人の資金がSKハイニックスをはじめ、LG化学、サムスン電子など大型情報技術(IT)業種に集まった影響だ。最近急激に値上がりしたカカオ(-1.59%)とネイバー(-2.26%)は2日連続で下落した。

現在のKOSPIの上昇動力は米国だ。24日(現地時間)、バイデン米国大統領が注力してきたインフラ投資計画に上院議員が合意し、KOSPI上昇に火をつけた。AP通信などによると、今回合意した金額は9530億ドルにのぼる。各国の景気が回復の動きを見せるなか資金が供給されるということでリスク資産選好心理が回復した。

スポンサードリンク
KTB投資証券のパク・ソクヒョン投資戦略チーム長は「前日、米連邦準備制度理事会(FRB)が先制的な利上げはないとして緩和的基調を維持することを再確認し、経済の不確実性が消えた影響も大きい」と分析した。KOSPI上昇は下半期まで続くのか。楽観的な見方が多い。上昇の材料に挙がっているのは企業のアーニングサプライズだ。金融情報会社エフエヌガイドがKOSPI上場176社を対象に出した今年の年間営業利益(連結基準)推定値は199兆ウォンと、昨年末の推定値(173兆ウォン)に比べ14%以上増加した。

パク・ソクヒョン研究員は「4-6月期の業績発表を控えて期待感はかなり強い」とし「企業のサプライズ業績で株価は上昇傾向を維持するだろう」と予想した。大信証券のイ・キョンミン研究員も「大型ハイテク株を中心に実績が伴う成長株が株価上昇を牽引するはず」と話した。下半期の目標KOSPI指数は3630を提示した。
https://japanese.joins.com/JArticle/280116?servcode=300§code=310

2021-06-27-k003.jpg

一方ではこのような流れから最近の株価上昇が妥当だと評価するが、他方では株価上昇の勢いが過度であり、実体経済とかけ離れているという指摘もある。最近の株価上昇を懸念する根拠の一つは、これまでにない豊富な市場流動性だ。新型コロナを克服する過程で、財政・通貨政策によって市場に供給された巨額の資金が株式市場をはじめとする資産市場を押し上げた最も根本的な背景に挙げられる。

株価が実体経済と乖離しているもう一つの理由として、二極化した韓国経済で、株式市場が比較的日向の方であるという点が挙げられる。市場に資金が溢れているが、超低金利で銀行の金利は低く、不動産価格はすでに大幅に上昇している状況であることを考慮すると、投資家が株式市場に集まる条件は様々な面で整ったわけだ。問題は上昇の幅とスピードとなる。

また東京株式相場も上昇。米株価指数が最高値を付け、投資家心理が上向いた。バイデン米大統領がインフラ投資計画で超党派議員団と暫定的に合意し、恩恵の期待できる機械株が上昇。鉄鋼や非鉄金属などの素材株も高かった。半導体関連や自動車の上げも目立っている。

関連記事

[ 2021年06月27日 08:38 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
実体経済がボロボロになって、企業は新規の設備投資の目途も立たないから
銀行で眠っている余剰資金を金融投資に振り分けただけです
カネ余りが起こした株価アゲです
[ 2021/06/28 05:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp