韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の対日貿易赤字が再び拡大 対日輸入増加・不買運動下火で

韓国の対日貿易赤字が再び拡大 対日輸入増加・不買運動下火で

日本が対韓輸出規制を強化した2019年7月以降、急減していた韓国の対日貿易赤字が再び拡大している。韓国の輸出の好調に伴って日本からの素材・部品輸入が増加する一方で、輸出規制強化に反発して始まった日本製品の不買運動が下火になったことが影響した。

韓国貿易協会と関税庁が27日までに発表した資料によると、今年1~5月の韓国の対日貿易赤字は前年同期比35%増の100億ドル(約1兆1100億円)だった。同期間の対日輸出額(同6.6%増の117億ドル)を輸入額(同17.8%増の217億ドル)が大きく上回った。 このペースが続くと、今年の年間の対日貿易赤字は不買運動が始まる前の水準に戻る見通しだ。04年以降、年間200億~300億ドルだった韓国の対日貿易赤字額は19年に過去最低の192億ドルとなったが、昨年は209億ドルに増えた。

これは半導体を中心とした韓国の輸出好調に伴い、日本から電子・機械部品などの素材・部品輸入が増えたことが大きい。今年1~5月の日本からの中間財輸入額は14.8%増の137億ドルで、日本からの輸入額全体の半分以上を占めた。韓国産業研究院のムン・ジョンチョル研究委員は「日本の輸出規制以降、韓国も素材・部品の調達先を多角化してきたが、先端技術が必要な部品は依然として日本に依存している」と指摘する。韓国政府は素材・部品・装備(装置や設備)産業の育成に力を入れるが、その効果が出るには10年以上かかるとの見方を示した。

スポンサードリンク
今年1~5月の日本からの消費財輸入額は前年同期比28.7%増加した。 韓国輸入自動車協会によると、同期間の日本車販売台数は7702台で、同5.4%増加。5月の販売台数は2035台で前年同月比21.7%増加した。日本製ビールも今年1~5月の輸入額は300万ドルで、同21.2%増加した。 産業研究院のムン研究委員は「日本製品への拒否感が薄れ、消費財の輸入も元通りに回復するだろう」と予想した上で、「不買運動のようなイベント的な対策よりも、韓国経済の体質を転換する根本的な対策を進めることが重要だ」と提言した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/06/27/2021062780023.html

2021-06-28-k006.jpg

昨年12月、日本による対韓輸出規制強化のあおりで昨年は16年ぶりの低水準に縮小した韓国の対日貿易赤字額が、再び拡大する兆しを見せている。輸出規制に反発して広がった日本製品の不買運動がこのところ下火になり、日本の消費財などの輸入が増えているためと分析している。韓国貿易協会によると、韓国の2020年1~10月の対日輸出額は前年同期比13.0%減の206億3000万ドル(約2兆1560億円)、対日輸入額は7.3%減の371億9000万ドルで、対日貿易収支は165億6000万ドルの赤字だった。赤字幅は前年同期(164億2000万ドル)に比べて拡大した。

産業通商資源部は、日本向けの輸出は去年、11.8%減って、250億8000万ドルだったのに対して、日本からの輸入は3.5%減って、459億2000万ドルとした。この結果、貿易収支の赤字は、おととしより16億8000万ドル増えて、208億4000万ドルとなった。日本への輸出は、自動車部品が34.9%、石油化学製品が25.1%、鉄鋼が23.3%それぞれ減ったのに対し、日本からの輸入は去年9月から増加に転じ、10月に4.6%、11月に15.9%、12月に18.7%それぞれ増加した。

日本政府がおととし7月、輸出管理を強化したことを受けて、韓国国内で日本製品の不買運動が起こり、貿易収支の赤字は2003年以降、16年ぶりにもっとも小さくなったが、去年は不買運動が下火になったのに加えて、日本製品のプロモーションなどが活発に行われたことで、不買運動の主なターゲットとなっていたビールや自動車の需要が徐々に回復したことが影響したとしている。

関連記事

[ 2021年06月28日 08:53 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
客観的には
話を読むと、民間消費では、
>不買運動下火で
ではなくて、「日本製品の人気が戻る」にみえるが。
不買運動やっても、韓国産の評価が上がってはいない。

産業界では、
売れる製品の企画は、使う材料の出所とは関係ない、ということで、
日本製の素材を使わないというのは第一条件ではない。
売上回復が最優先だから、そんな悠長なことは言っておれない。
[ 2021/06/28 13:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp