韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国車が東南アジア市場攻略を本格化、売り上げ好調で日本車ピンチに?

韓国車が東南アジア市場攻略を本格化、売り上げ好調で日本車ピンチに?

2021年6月24日、韓国・聯合ニュースは「日本車ブランドの人気が高い東南アジアで、現代(ヒュンダイ)・起亜自動車が好成績を出しており、販売トップの座に着けるか業界が注目している」と伝えた。

ベトナム自動車工業会(VAMA)によると、韓国ブランドの現代・起亜自の今年1~5月のベトナムでの販売数は計4万7860台で、トヨタ(2万4112台)の約2倍に達した。現代自が2万4420台でトヨタを抑えトップ、起亜は2万3440台で3位だったという。現代自は昨年、初めてベトナム市場で販売数1位を記録しており、今年は4月から2カ月連続1位をキープしている。ベトナムの自動車市場は東南アジアでタイ、インドネシア、マレーシアに続き4番目に大きく、年間市場規模も急速に成長しており、現代・起亜自の販売拡大が注目されていると記事は伝えている。

現代・起亜自はインドでも販売数1位を獲得している。インド自動車工業会(SIAM)によると、先月の販売数は両社合計3万6501台で、初めてマルチ・スズキ(3万2903台)を抑えてトップに立った。今年1月から5月までの累計販売は現代自が23万208台で、マルチ・スズキ(59万8748台)に続く2位。起亜は8万2019台の4位だった。まだマルチ・スズキとの格差は大きいが、SUV(スポーツタイプ多目的車)など人気車種の発売を続け、1位の座を狙っているという。

スポンサードリンク
また記事は、現代・起亜自が「東南アジア市場攻略を本格化させ、生産能力拡大に向けた投資にも力を入れている」と伝えている。現代自は2017年にベトナムのタインコン・グループと生産合弁法人を設立。19年にはベトナム工場を増設し現地販売合弁法人を設立した。年間10万台の生産・販売体制確立を目指している。日本車のシェアが96%に達するインドネシアでも、現代自は15億5000万ドル(約1720億円)を投じて工場を建設中で、年末から年間15万台規模の生産を開始し、生産能力を25万台まで拡大する計画だという。

さらに、現代自は東南アジアの電気自動車(EV)市場における主導権獲得にも動いているという。18年に配車・デリバリーサービス大手のグラブに2億7500万ドルを投資しており、最近は戦略的パートナーシップの強化とEV普及拡大の方針を明かしている。年内にシンガポールを皮切りにインドネシア、ベトナムなどでE Vバッテリーサービス事業とEV金融支援事業を拡大し、EVの大衆化を進める。インドネシアではLGエナジーソリューションと約1兆3000億ウォン(約1270億円)を投じてバッテリー合弁工場を新設する計画だという。
https://www.recordchina.co.jp/b878518-s25-c30-d0195.html

2021-06-29-k003.jpg
ジャカルタ道路では、日本では見たことのない「日本車」がいっぱい!

東アジア圏での日本企業にはまだ余裕がある。現代自は必至な状態と言える。なので記事にあるような危機感は無い。またトヨタが発表した3月の生産・販売・輸出実績(トヨタ・レクサス)によると、21年3月の世界販売は単月ベースで過去最高だった20年12月の91万6千台を上回った。前年超えは7カ月連続。国内販売は前年同月比6.4%増の19万1千台、海外販売は57.8%増の79万1千台だった。19年3月の販売台数と比較しても9.9%増えており、新型コロナ感染拡大前の水準を超えている。

中国では「カローラ」や多目的スポーツ車(SUV)「RAV4」、レクサス車が人気で、前年同月比63.7%伸びた。北米ではハイブリッド車(HV)などが売れた。 一方、トヨタ自動車は昨年3月、2022年にインドネシアでハイブリッド車(HV)の生産を開始すると発表している。これまでも電動車の現地生産開始がうわさされていたものの、トヨタが正式に発表するのは初めてだ。具体的なモデルや車種は明らかにしていないが、東南アジアなどへの輸出も予定している。インドネシアでは21年10月に自動車の奢侈(しゃし)税が変更され、電動車など低炭素車両(LCEV)の税率が優遇されるようになる。

現地販売会社トヨタ・アストラ・モーター(TAM)と、製造子会社トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・インドネシア(TMMIN)が共同で発表した。現地生産に先立ち、今年はHVのラインアップ拡充、プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)やバッテリーEV(BEV)の開発も進める。 東アジア地域は日本自動車と日本のバイク一色状態は変わりはない。現代自にとって必死に追い上げを図りたいが、すでに日本車は定着しており、これを崩すのは難しい。

関連記事

[ 2021年06月29日 09:29 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp