韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LGがミニLEDテレビを発売、OLEDより安くLCDより鮮明

LGがミニLEDテレビを発売、OLEDより安くLCDより鮮明

LG電子が超小型発光ダイオード(LED)を活用したテレビを発表した。液晶表示装置(LCD)テレビより画質が鮮明で、有機発光ダイオード(OLED)テレビより安くて、両製品の間で悩む消費者の新しい選択肢として注目を集める見通しだ。

LG電子は30日、ミニLEDを採用した「LG・QNEDミニLED」を発売すると明らかにした。ベストバイ、アマゾンなど、北米の主要流通会社に供給するのを皮切りに韓国、日本、欧州など世界の主要市場で発売する予定だ。韓国内では計7種のテレビが披露される予定だ。解像度(8K、4K)と大きさ(86、75、65インチ)および仕様などに分けられる。LG電子は、超大型プレミアムテレビ市場を中心に攻略する計画だ。

ミニLEDテレビは、従来のLED比10分の1から40分の1のミニLEDを細かく配置し、画質をさらに鮮明にした製品だ。LG電子の86インチ8K解像度の製品は、光源数が約3万個に達し、LCDテレビの短所と言われている明暗比を従来比10倍以上改善した。

スポンサードリンク
QNEDミニLEDテレビは、LG電子のテレビラインナップでは、自発光テレビであるOLEDテレビとLGナノセルテレビの間に位置する。価格は解像度によって8K製品は509万~1680万ウォン、4K製品は319万~820万ウォンとなっている。 LG電子の関係者は、「LCDテレビより画質が改善し、同じサイズのOLEDテレビより低い価格に策定されたため、画質と価格の間で悩む消費者が選ぶことのできる選択肢としてミニLEDテレビが定着するだろう」と話した。
https://www.donga.com/jp/

2021-07-02-k003.jpg

LGエレクトロニクス・ジャパンは、量子ドット技術とミニLEDで高画質化を図り、液晶テレビの“新基準”を謳う「LG QNED MiniLED」を含む、液晶テレビの2021年モデル6シリーズ18機種を5月下旬より順次発売する。LG QNED MiniLEDは、ミニLEDバックライトと、量子ドットナノセルカラーテクノロジーを組み合わせた高度な液晶パネルを搭載し、「より明るく、より深い黒を再現し、鮮やかな色の表現力も進化。液晶テレビの頂点ともいえる、まったく新しい視聴体験」を提供するという。

1月開催の「CES 2021」でバーチャル出展しており、国内市場への正式導入が決まったかたちだ。8Kモデル「QNED99」、4Kモデル「QNED90」の2シリーズ4機種を展開する。 2021年モデルでは他にも、1nmという極小粒子を超精密に敷き詰めるNanoCell(ナノセル)技術を導入した4Kテレビ「NANO90」、「NANO85」、「NANO76」と、43V型で約11万円からのエントリーライン「UP8000」を含む、4シリーズ14機種を用意する。

関連記事

[ 2021年07月02日 10:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp