韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  三菱電機の検査不正に中国ネット「日本人の匠の精神はもう伝説」

三菱電機の検査不正に中国ネット「日本人の匠の精神はもう伝説」

このほど明らかになった三菱電機の鉄道車両用空調装置の検査不正が中国にも伝えられ、中国のネットユーザーから「日本人の匠の精神は伝説になってしまった」などの声が上がっている。

三菱電機は6月29日、「長崎製作所が製造する装置の一部で不適切な検査を行っていたことが社内調査で判明した」との文書をサイトに掲載。翌30日の文書では「購入仕様書の記載とは異なる検査の実施や検査の不実施、検査成績書への不適切な記載があったことが6月14日に判明した」とし、さらに仕様書の記載と異なる検査の実施や検査不実施の問題がこれまで出荷した鉄道車両用空気圧縮機ユニットの一部について見つかったことも明らかにした。

中国には、不正が30年以上前から行われていた可能性があるとの報道も伝えられており、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)には「30年以上?!」「日本人の匠の精神は伝説になってしまった」「頭を下げて謝罪すれば解決できない事は何もない」などの声が寄せられている。
https://www.recordchina.co.jp/b878813-s25-c20-d0190.html

スポンサードリンク
三菱電機は、長崎製作所(長崎県時津町)で製造している鉄道車両向け空調装置について、不適切な検査を実施していたと発表した。1985年ごろから約35年にわたって不正が行われていたという。また、ブレーキの作動やドアの開閉などに使う空気圧縮機ユニットでも同様の不正が発覚した。外部の弁護士を含む調査委員会を立ち上げ、他にも不正がないか調べる方針だ。

2021-07-03-k003.jpg

同社は近年、品質不正や社員のパワハラなど不祥事が頻発しており、信頼回復は一段と遠のいた。85年から2020年までに出荷した空調装置は8万4600台に上るが、不正が行われた装置の数は調査中。同社は「多大なるご迷惑をお掛けし深くおわびする」と謝罪する一方、「安全・機能・性能には問題ない」としている。今後、再発防止策の策定を急ぐ。

同社によると、空調装置の冷房・暖房能力試験や防水試験で、顧客が指示する「購入仕様書」とは異なる条件で試験を実施。また、以前に行った試験結果を参照して自動的に検査成績書を作成するなどの不正も行っていたという。空調装置の検査不正は社内調査で14日に発覚。28日には空気圧縮機ユニットの不正も判明した。

同社の鉄道用空調装置の国内シェアは65%を占める。納入先の鉄道会社や経済産業省には既に不正を報告した。全車両に導入する阪神電気鉄道は「詳細な報告を受けて対応を検討する」(担当者)としている。新幹線や在来線の車両に9800台が設置されているJR東日本は「故障の多発などはなく、現時点では運用を変更する予定はない」という。JR東海は3800台、JR西日本は少なくとも6100台導入している。

三菱電機では近年、不祥事が続いている。18年には子会社によるゴム部品の品質不正が、19年にはエレベーターで不適合部品の使用が発覚。昨年はパワー半導体の検査不正や、欧州連合(EU)の規格に合わない車載用ラジオ受信機の出荷も判明した。

関連記事

[ 2021年07月03日 08:47 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
悪弊を清算
三菱電機の社長は4年任期で、各着任年は、
山西社長が2010年、柵山社長が2014年、杉山社長が2018年、
杉山社長の任期は2022年のはずだが、そこまで持たなかった。
任期1年前にギブアップして、積年の悪弊を清算するという。

しかし、現場での事故報告はないようだから、実際には
手抜き検査でも、モノはもつという実績と自信があったようだ。
それならば、検査規格の見直しをすればいいのだが、客がいて、
競合がいるからそうはならない。競合他社はどうしているのだろう?
[ 2021/07/03 14:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp