韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国製ゲームを阻む中国…韓国売り上げトップ20本中6本は中国製

韓国製ゲームを阻む中国…韓国売り上げトップ20本中6本は中国製

6月22日、中国のテンセント・ゲームズ(Tencent Games)の新しいモバイルゲーム「白夜極光」が、韓国のグーグルおよびアップルのゲームアプリ売り上げ順位で5位にランクインした。同作は発売からわずか5日でこの記録を作り、韓国を代表するゲーム会社NCSOFTの新作「トリックスターM」、ネクソンの「V4」といった人気作品を上回った。従来は韓国国内の運営会社を通してゲームを発売してきたテンセントだが、今回は直接韓国国内でのサービスに乗り出した。韓国ゲーム業界からは「テンセントが本格的に韓国市場攻略へ乗り出した」という分析が出ている。

韓国ゲームの中国進出は行き詰まっている状態だが、一方で中国産のゲームは、モバイルゲームの本場・韓国のお茶の間市場を揺るがしている。2000年代から2010年代前半までの、韓国のゲームが中国市場を席巻していた状況とは逆転しているのだ。6月23日現在、韓国におけるGoogle Playのゲーム売り上げランキング上位20本のうち6本が中国産ゲームだ。業界によると、グーグルの売り上げトップ10の作品は1本当たり平均1億7000万ウォン(現在のレートで約1660万円。以下同じ)以上、トップ3は2億7000万ウォン(約2640万円)以上の収益を上げている。

韓国ゲーム業界の関係者は「昨年韓国市場に進出した中国ゲームはおよそ200本あるが、中国市場に進出した韓国ゲームはたった1本だった」とし「中国企業は韓国国内でのサービスまで直接手掛け、多大な利益を得ている」と語った。

スポンサードリンク
韓国国内で直接サービスを行うのは、テンセントだけではない。5月25日に中国の動画コンテンツ企業「bilibili」が発売したモバイルゲーム「ファイナルギアー重装戦姫-」は一時、韓国のグーグルゲームアプリ売り上げで3位にまで上った。このランキングで数年にわたり1位、2位を守っているNCSOFTの「リネージュM」と「リネージュ2M」を除くと、韓国国内で発売された新作の中では事実上のトップになる。

同作は当初、ネクソンが韓国国内サービスを担当する方向で協議が進められていたが、中国企業が直接サービスを行う形に切り替わったといわれている。売り上げランキング4位の「奇跡の剣」(運営会社:4399コリア)、5位の「Rise of Kingdoms」(LILITH GAMES)、13位の「三国志 真戦」(Qookka Games)なども中国企業が直接サービスしているゲームだ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/07/02/2021070280070.html

2021-07-04-k001.jpg

『ファミ通ゲーム白書2020』では、2019年の世界ゲームコンテンツ市場について、前年比約2割増の15兆6898億円と推定した。この市場規模は、家庭用及びPC向けパッケージゲーム市場の1兆3519億円と、デジタル配信ゲーム市場(モバイルゲーム※1、PC配信ゲームデジタル配信、家庭用ゲームデジタル配信)の14兆3379億円を合算したもの。

世界の主流はデジタル配信となっており、とくに、中国におけるモバイルゲームの急成長など、アジアの好調ぶりが際立っている。日本の市場も1.5兆円を超えており、依然としてひとつの国としてはトップクラスの規模を誇っている。おもな地域別では、東アジア※2が6兆9078億円、北米※3が4兆4400億円、欧州※4が3兆1553億円と推算し、主要3地域はいずれも前年比二桁増のプラス成長となった。

関連記事

[ 2021年07月04日 08:41 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp