韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国の「先進国」への格上げ、国際社会での責任も大きく

韓国の「先進国」への格上げ、国際社会での責任も大きく

国連貿易開発会議(UNCTAD)が2日(現地時間)、スイスのジュネーブにある本部で開かれた第68回貿易開発理事会で、195の加盟国の全会一致で韓国の地位をこれまでの「開発途上国グループ」から「先進国グループ」へと変更した。先進国グループは韓国が入ったことで32カ国に増えることになった。開発途上国から先進国へと地位が変更されたのは、1964年のUNCTAD創設以来、韓国が初だ。国民が誇りを持つに値する出来事だ。

UNCTADは、開発途上国の産業化や国際貿易への参加の増進を目的として設立された国連傘下の機関だ。韓国の地位の格上げは、急成長した経済規模や国際的地位の向上などが反映された結果と評価される。外交部は「今回の先進国グループへの進出は、先進国と開発途上国の双方が韓国の先進国としての地位を名実共に確認し、韓国が両グループ間の架け橋としての役割を果たせる成功例であることが認められたもの」と明らかにした。また韓国が「貿易は経済発展の重要な手段」であるというUNCTADのビジョンを実証した模範例であることを確認したという意味もあると説明した。

韓国はすでに、経済や外交などにおいて国際社会で事実上の先進国として分類されてきた。国際通貨基金(IMF)の発表によると、韓国の昨年の国内総生産(GDP)は1兆5512億ドルで世界10位。世界貿易機関(WTO)の集計によると、韓国の昨年の輸出額は5125億ドルで世界7位だ。昨年の1人当りのGDPは3万1497ドルで世界26位。先月には英国のコーンウォールで開かれた主要7カ国(G7)サミットに文在寅(ムン・ジェイン)大統領が招待国の首脳として参加した。すでに2019年10月には、WTO交渉で今後「開発途上国の優遇制度」を主張しないと政府が宣言している。経済規模などの対外的な地位を考慮すると、国際社会でこれ以上開発途上国としての地位を要求することが難しくなったためだ。

スポンサードリンク
このような点から、UNCTADの今回の地位変更決定は、国際社会において韓国が名実ともに先進国として認められたことを意味する。先進国への地位格上げに伴って、国際社会での韓国の役割と責任もそれだけ大きくなった。開発途上国に対する経済支援と協力を今より強化しなければならず、先進国と開発途上国との架け橋の役割もより多く求められるだろう。国内的にも先進国の地位にふさわしく、国民の実際の「生活の質」が経済・社会において全般的に向上するよう、政府が力を尽くすべきなのは言うまでもない。
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/40462.html

2015-05-03-wa.jpg

韓国の場合は外資系企業による底上げなわけで、自国民年収はさほど変わりは無い。大半が中小企業雇用であり、年収は250万円レベルで300万円には届かない。サムスンの製造部門の年収が300万円ほどだ。あくまでGNIによる値で年収換算しているが、大半が外資系企業雇者の技術・開発部門と株主が恩恵を受ける。この金額で日本企業の年収と対比したところで、外資系大手企業と日本企業の比較でしかない。

ほぼ同じ物価と考えれば、まだまだ日本の平均年収とは大きな開きがある。しかも韓国は高度成長期を過ぎ、急速に高齢化社会に向かっており、若い他国民を受け入れない限り、高齢化社会の中で、税収不足を補え切れなくなるのは時間の問題だ。 勿論日本も同様なのだが、加速スピードははるかに日本を超える。 さらに言えば、先進国と言う割には自己都合の国であり、民度が低すぎる。

関連記事

[ 2021年07月05日 08:27 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp