韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自動車、社内有望スタートアップ3社を分社

現代自動車、社内有望スタートアップ3社を分社

現代(ヒョンデ)自動車グループは4日、有望な事業アイデアを保有している社内スタートアップ3社を分社したと明らかにした。独立したスタートアップはディフォン、オートエル、データモンドだ。これらの会社はそれぞれ日差しの量をユーザーが調節するスマート窓フィルム、自律走行用高解像度ライダー、顧客が主導する簡単で便利なポイントサービスを開発して事業化を進めている。現代自グループは、これらの事業を自動車はもとより、様々な領域へと応用できると見て業務協力を進める方針だ。

ディフォンの「透過率可変ウィンドウ(窓)フィルム」は独自の技術で開発され、車両だけでなく建物にも使える。施工が便利で価格競争力が高いうえ、有害紫外線の遮断や省エネ効果もある。オートエルのライダーは、従来のライダーよりサイズを小さくし、周辺環境をより精密に認識できるので、車両の取り付けに容易である。今後、過酷な条件での性能検証を終え、自動車メーカーへの供給を推進する。データモンドの顧客参加型ポイントプラットフォーム「ポイントモンスター」は、加盟店に登録されていないところでも顧客の提案で1分以内に提携でき、顧客確保に役立つものとみられる。

現代自グループは、2000年から社内スタートアップ育成プログラムを通じて、これまで58チームを選抜し、昨年は10社を含めた25社を分社した。
https://www.donga.com/jp/

スポンサードリンク
分社化とは、会社が事業内容を一部切り分けて、独立した子会社を設立すること。分社化には、大きく分けて事業譲渡と会社分割の手法がある。独型新設分社型分割は一部事業を切り離して、新しく設立した子会社に移す方法。分割会社は、新設会社の完全親会社(100%株式所有)となる。共同新設分社型分割は既存の2つの会社がそれぞれ一部の事業を切り取り、新しく設立した会社にそれぞれの切り取った事業を移す方法。その後、新設会社の株式はそれぞれの分割会社が取得する。分社型吸収分割は会社が事業の一部を切り分けて、既にある別の会社に一部の事業を承継させる方法。

2021-07-05-k002.jpg

分社化と言っても様々な方法がある。会社が経営不信で将来倒産の可能性がある場合に、利益の出ているまたは利益が出る見込みがある事業だけ切り分けて新しい会社を作ることは事業再生の手法として珍しくない。分社化することによって親会社も経営問題を解決できる場合もある。分社化によって業績のいい部署まで共倒れする心配は無くなる。

後継者は企業の未来にとって不可欠な存在だ。そこで、自分の傘下で後継者を育成するために分社化させることがある。分社化した新しい子会社には、後継者候補の社員から新しい社長を選ぶ。実際に会社を任せることで経営の経験を積ませることが可能だ。いずれは本社を任せる後継者を育成するために子会社を作ることは珍しいことでは無い。

メリットとしては、一般的には、分社化によって会社がスリム化し経営スピードも上がるため、新規事業を開始するには最適となる。仕入先、銀行等の債権者の合意を得たうえで行う会社分割により、業績のいい事業を分社化させることで、新しく設立した業績のいい事業を営む会社については倒産のリスクを減らすことが可能。また1つの会社に複数の異なる事業が存在していると、それぞれの成果が見えにくくなり、社員のモチベーション低下に繋がる場合もある。分社化により会社がスリムになることで、事業の成果が見えやすくなる。

デメリットもある。会計処理や税務処理に長けた人材の確保など、分社化に向けた体制を整えるため、これまで以上に財務や税務の手続きに費やす時間とコストがかかる。

関連記事

[ 2021年07月05日 08:55 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp