韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ここ10年間の「最優秀スマートフォン」は…サムスンを追撃する中国スマホ

ここ10年間の「最優秀スマートフォン」は…サムスンを追撃する中国スマホ

今月1日(現地時間)、スペインのバルセロナで閉幕した世界最大の移動通信展示会「モバイルワールドコングレス(MWC)」で、最高のスマートフォンにサムスン電子の「ギャラクシーS21ウルトラ」が選ばれた。サムスン電子が同賞を受賞したのは2017年以来4年ぶりだ。

これまでの受賞作とメーカーを見ると、過去10年間のスマートフォン市場の競争が一目で分かる。全体構図は、スマートフォンのトップランナーであるサムスンとアップルのすぐ後ろを、後発の中国メーカー各社が追いかける形だ。

2011年から2016年までは事実上、アップルとサムスンの独壇場だった。2011年に「iPhone(アイフォーン)4」に与えられた最優秀スマートフォンの栄誉は、2016年にはサムスンの「ギャラクシーS6エッジ」に渡った。同期間、最終候補に名を連ねていた台湾HTCが受賞した2014年だけが例外だった。この期間、最優秀スマートフォンの座をめぐりサムスンとアップルを脅かしたメーカーは、ノキア(フィンランド)、ソニー(日本)など、伝統の携帯電話部門の強者だった。これらのライバル会社は全て、2010年代後半にスマートフォン市場で存在感を失ったという共通点がある。HTCも2017年にグーグルにスマートフォン事業部門を売却し、スマートフォンの競争から離脱した。

スポンサードリンク
中国が最終候補に挙がって存在感を示し始めたのは2017年だ。世界で初めてライカデュアルカメラを搭載して話題を集めた中国の華為技術(ファーウェイ)のプレミアムモデル「P9」がその主人公だ。2018年にもファーウェイ(メイト10プロ)はアップル、サムスン、LGと並んで最終候補に上がった。同年、最優秀スマートフォンにはアップルの「iPhoneX」が選ばれた。

2019~2020年は「中国スマートフォンが頭角を現した年」と言っても遜色ない。2019年はファーウェイの「メイト20プロ」、昨年はワンプラスの「ワンプラス7Tプロ」が1位を獲得した。サムスンとアップルは2年連続苦杯をなめた。ファーウェイとワンプラスだけでなく、中国の小米(シャオミ)の「Mi11ウルトラ」も今年の最優秀スマートフォンの最終候補に上がった。今後の様相は、2010年代とは変わる見通しだ。市場の重心が「最高」より「大量」に移っているからだ。これには、メーカーごとの技術競争力が上向で平準化し、価格競争力がもっと重要になったという環境の変化が作用している。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/40492.html

2021-07-08-k001.jpg

サムスンがスマホ事業を展開し、莫大な利益で企業を大きくしたというイメージが根付いている。ところが現実利益となると、galaxyシリーズの初期だけ好調で、その後は利益は少ないのが実態だ。ましてスマホ全体では、大半の利益はアップルであるのは今なお変わりはない。サムスンのスマホ出荷台数世界一とメディアは豪語しているが、低価格スマホは赤字となり、付加価値の高い高性能スマホとはいえ、予想以下の台数に悩まされ、結果DRAMへ舵と切るしかなかった。そしてその後メモリー半導体を主流に変更しており、莫大な販管費を必要とするスマホ事業は、実は利益は殆どないのが実態。

関連記事

[ 2021年07月08日 08:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp