韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  S&P、今年の韓国の経済成長率予測値4.0%に上方修正

S&P、今年の韓国の経済成長率予測値4.0%に上方修正

米格付け機関スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が7日、韓国の今年経済成長率予測値を3カ月前の3.6%から4.0%に上方修正した。一方、来年の予測値は3.1%から2.8%に下方修正した。

聯合ニュースによると、S&Pのアジア太平洋チーフエコノミスト、ショーン・ローチ氏はこの日のオンライン記者懇談会で、「韓国の経済回復見通しを楽観してきた」とし、このように伝えた。 ローチ氏は「輸出の堅調が続き、投資も改善しているが、家計の消費は弱い」とし「経済回復を継続するためには家計の消費回復がなければならない」と指摘した。政策金利については「年末または来年に政策金利の引き上げがあり、来年末まで1.25%と予想する」と述べた。現在の政策金利は0.5%で、韓国銀行(韓銀)は年内利上げを予告した。

インフレについては「今年2%を下回り、来年は1.5%とみている」と話した。韓国などアジアではインフレリスクが一時的であり、来年は消滅するという分析だ。

スポンサードリンク
S&Pは現在評価している韓国企業の67%に「安定的」、25%に「ネガティブ」、8%に「ポジティブ」の格付け見通しを付与している。「ネガティブ」は昨年のピークの35%に比べて大幅に低下した。「ポジティブ」は5%を下回る数値から上昇した。S&Pは最近の業況改善を反映し、SKハイニックスとLGエレクトロニクスの格付け見通しを「ポジティブ」に引き上げた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/e1000506307dec8189eeeb41660bf8aa2453fa0f

2021-07-09-k001.jpg

韓国銀行(中央銀行)は5月27日に発表した経済見通しで、2021年の実質GDP成長率見通しを4.0%に上方修正している。上方修正の理由について韓国銀行は、世界的な景気回復によって輸出と設備投資の好調が続き、民間消費も改善傾向がみられるためとしている。

需要項目別には以下のとおり。
●民間消費:家計心理が回復する中で、所得不振が和らぎ、回復が続く見通し。
●設備投資:IT部門が高い伸びを維持し、非IT部門も改善、堅調に推移する見通し。
●建設投資:景気回復に伴い、建設着工の増加に支えられ、徐々に回復する見通し。
●輸出:主要国の生産活動の再開、IT景気の持続などに支えられ、好調さを維持する見通し。

雇用については、対面サービス部門の不振や製造業の業況も徐々に改善し、2021年の就業者数は14万人増加する見込みだ。2022年も実質GDP成長率3.0%と、経済成長が続くとしている。

関連記事

[ 2021年07月09日 08:02 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp