韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  現代車の電気トラック「ポーターEV」 走行中に火災

現代車の電気トラック「ポーターEV」 走行中に火災

現代自動車の電気トラック「ポーターエレクトリック(EV)」で火災が発生した。これまで韓国国内で現代車「コナEV」の火災が10件余り発生していたが、ポーターEVの火災は初めて。大邱(テグ)西部消防署によると、14日、大邱北区メチョン地下車道付近を走行していたポーターEVから煙が上がり、運転者は直ちに車を停めて消防署に通報した。出火はなかったが、車両下部のバッテリーパックの部分から煙がずっと出ていたという。消防署員が散水作業をした後、煙は約1時間後に消えた。

事故車両にはSKイノベーションのバッテリーが搭載されていた。事故の原因を推定するのはまだ早いが、煙が出たところが今までの電気自動車バッテリー火災事故と似ているという点で注目される。ただ、これまでは充電中または充電直後に火災が発生したのに対し、今回の事故は走行中だったという点が異なる。

SKイノベーションの関係者は「(該当車両に)SKイノベーションのバッテリーが搭載されていたのは事実」と話した。SKイノベーション側は「電気自動車バッテリーの製造を開始して以降、SKイノベーションのバッテリーを搭載した電気自動車は一度も火災事故が発生していない」と主張してきた。事故の原因がバッテリーと関連していれば最初の事例となる。

スポンサードリンク
コナEVに続いてポーターEVでも火災事故が発生した現代車は「速かに原因を調査する予定」と明らかにした。火災原因調査は15日から行われる予定だ。2019年末から販売に入ったポーターEVは昨年9020台が登録されたのに続き、今年上半期には8554台も売れた人気車種。乗用・商用電気自動車を合わせて今年の「ベストセリング」電気自動車モデルだ。
https://japanese.joins.com/JArticle/280784?servcode=300§code=300

2021-07-15-k002.jpg

今年2月には韓国の現代自動車が製造した電気バスが走行中に出火している。乗客はおらず、けが人はいなかった。バスは検査を終え、車庫に向かっていたという。消防本部によると、電気バスのバッテリーを製造したメーカーは特定できていないが、地元メディアは韓国のLG化学の全額出資子会社であるLGエナジー・ソリューションのバッテリーだと報じている。

現代自動車は昨年10月、短絡(ショート)のリスクがあるとして同社の電気自動車「コナ・エレクトリック」2万5564台を国内でリコール(無償の修理・回収)した。高電圧バッテリーセルの製造に問題があった可能性があると説明している。その後リコールされ、ソフトウエアを更新したコナ・エレクトリックで再び火災が発生している。

記事の事故車両にはSKイノベーションのバッテリーが搭載されていた。事故の原因を推定するのはまだ早いが、煙が出たところが今までの電気自動車バッテリー火災事故と似ているという点で注目される。ただ、これまでは充電中または充電直後に火災が発生したのに対し、今回の事故は走行中だったという点が異なる。

関連記事

[ 2021年07月15日 08:56 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp