韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  菅内閣の支持率、「危険水域」の20%台まで下落

菅内閣の支持率、「危険水域」の20%台まで下落

義偉内閣の支持率が20%台まで落ち込んだという世論調査の結果が出た。日本で支持率20%台は総理交代や内閣総辞職に至る「危険水域」とされる。

時事通信の16日付報道によると、今月9日から12日にかけて、全国の18歳以上の男女2000人(回答率62.9%)を対象に行った世論調査の結果、菅内閣支持率は29.3%で、昨年9月の内閣発足以降、初めて30%を割り込んだ。前月の調査に比べ、支持が3.8ポイント下がった一方、不支持は5.6ポイント上昇した49.8%に達した。 時事通信の世論調査で内閣支持率が危険水域の20%台に落ちたのは、安倍晋三元首相時代の2017年7月以来4年ぶり。当時、安倍前首相の近しい知人が理事長を務める私学法人に特恵を与えたと疑惑がもたれたいわゆる「加計学院問題」で、安倍内閣の支持率は急落した。

同通信は首都東京に4回目の緊急時代宣言が発令され、「日常生活に制約が続く不満や五輪開催への懸念が支持率に影響したとみられる」と報じた。 支持率が20%台に落ち込んだからと言って、必ずしも内閣が崩壊するわけではないが、赤信号であることは間違いない。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/40591.html

スポンサードリンク
時事通信が9~12日に実施した7月の世論調査で、菅内閣の支持率は前月比3.8ポイント減の29.3%で、不支持率は5.6ポイント増の49.8%となった。政権発足後、支持率が3割を切り「危険水域」とされる20%台に落ち込むのは初めて。逆に不支持率は最高となった。政府は今月8日、東京都に4回目の緊急事態宣言発令を決定し、酒類提供店に対する「圧力」問題も起きた。日常生活に制約が続く不満や五輪開催への懸念が支持率に影響したとみられる。菅内閣の従来の最低値は3度目の緊急事態宣言の期間延長、対象拡大が決まった5月の32.2%。

2021-07-17-k002.jpg

新型コロナウイルス感染拡大をめぐる政府対応は、「評価しない」が前月比4.0ポイント増の59.1%、「評価する」は同0.5ポイント減の22.7%。「どちらとも言えない・分からない」は18.2%だった。 菅義偉首相が感染対策の「切り札」と位置付けるワクチン接種の進捗(しんちょく)に関しては、「遅い」が71.5%と、「順調」の17.7%を大きく上回った。「どちらとも言えない・分からない」は10.8%。 一方で内閣を支持する理由(複数回答)は、「他に適当な人がいない」が最多の12.1%。「首相を信頼する」7.8%、「首相の属する党を支持している」4.4%が続いた。支持しない理由(同)は「期待が持てない」27.7%、「リーダーシップがない」25.3%が双璧で、3番手は「政策が駄目」18.4%。

関連記事

[ 2021年07月17日 08:13 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
これでよいのです。
日本の総理大臣は、リーダーではない。

会社で例えるなら、日本の行政機関は「取締役会」主導型。
つまり「内閣」がリーダーなのである。
行政の方針は内閣が決める。
それで日本は今までうまくやってきた。

対して、社長が独占的に幅を効かせてる会社に対応するのが「大統領制」。
つまり他国とは制度が、根本的に違う。

だから総理大臣にリーダーシップなどいらない。
菅さんは今のままでよい。

世論調査なんていい加減なもの。
阿呆なマスコミは放っておいたらよいでしょう。
[ 2021/07/17 09:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp