韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済にも本当にインフレーションが来るのか?

韓国経済にも本当にインフレーションが来るのか?

来週にも韓国銀行は、最近になり再び激論が繰り広げられているインフレーション(持続的な物価上昇)が韓国経済にも発生するかどうかに対する分析を出す。インフレーションとは経済成長に比べて物価上昇が更に急激で持続的に続く状況を意味する。

韓国銀行は19日、BOK Issue Noteを通じて最近のインフレーション論争の理論的背景と韓国経済内の現実化の可能性を点検する。 15日の金融通貨委員会の以降には、今年実質国内総生産(GDP)成長率を5月展望値である4.0%に維持しつつ、消費者物価上昇率は2%初中盤に上昇する展望だった。これは2月の展望(1.3%)、5月(1.8%)の展望よりも遥かに高い水準だ。これは6月の消費者物価上昇率は昨年同月より2.4%上昇しながら2%台を3か月間持続した影響を反映していると見てとれる。

韓国銀行の物価管理目標が中長期的な時計で2%内外であることを考慮すると、国内でもインフレーションの可能性が出てくるかにに対する判断は迂闊ではあるが明らかに物価が急激に上がる事は事実だ。物価上昇率が2%台を越える事は2018年の11月(2.0%)以後初のことである。物価に大きな影響を与えることで国際原油価格も70ドル台を上回る水準を持続している。

スポンサードリンク
物価の上昇が一時的という主張も弱まったが、食料品やエネルギーを除外した根源インフレーション率も1%台初盤へと上がり、一般人期待インフレーション率は2%台初中盤へと上がった。最近インフレーション論争が再点火した国は米国だ。6月米国の昨年対比消費者物価上昇率が13年ぶりに最高値を記録しながら米国経済首長らはインフレーションに対する微妙な温度差を見せた。

Jerome Hayden Powell米国連邦準備制度の議長とJanet Yellen米国財務長官は、全てのインフレーションは一時的とし考慮しないという従来の立場とは違い、消費者物価上昇率が昨年対比5.4%上昇したがこれに製造者物価値数(PPI)も1年前より7.3% 上がり11年ぶりに最大上昇を見せたことで、発言が変化した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/ef342af981c5516755e96cf5db6c4af6b7c7e90e

2021-06-03-k007.jpg

韓国銀行(中央銀行)は、新型コロナウイルス危機から景気が回復する中、需要と供給サイドの双方でインフレ圧力が高まっているとの認識を示している。中銀が金融政策の緩和度合いを弱める方向にシフトしているとの見方だ。半年に1回公表するインフレ報告で「急速な景気回復に伴い、需要サイドのインフレ圧力が高まっており、今年下期には2%前後で推移するだろう」と指摘している。

韓国の消費者物価指数(CPI)上昇率は5月に9年ぶり高水準を記録しており、物価上昇圧力の高まりを受け、中銀が予想よりも早期に金融政策の引き締めを余儀なくされる可能性が高まっている。インフレ報告では、買い物や旅行、外食需要が増える中、民間消費の改善が今年下期に消費者物価を押し上げる見込みだとした。

関連記事

[ 2021年07月19日 08:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp