韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  選挙控える文大統領・菅首相「国内政治に得になることない」

選挙控える文大統領・菅首相「国内政治に得になることない」

文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪日が実現しなかったのは、両国とも「韓日首脳会談が国内政治に得になることはない」と判断をしたためと思われる。また、韓国政府は、日本に強制徴用・慰安婦などの歴史問題と共に輸出規制措置・福島原発汚染水などに対する見解を変えるよう求めたが、交渉に進展がなかったことのことだ。青瓦台は「全体的に少しずつ進展はあった」と言いながらも、「究極の目標は関係回復だったが、まださらなる議論が必要な状況だと見た」としている。

文大統領は今回の訪日に対する意志が強かったという。与党関係者は「米国の韓日関係改善圧力もあったが、任期が1年も残っていない状況で、対日関係改善を通じて南北首脳会談のきっかけを作る最後のチャンスだと考えた」と語った。

しかし、与党指導部と青瓦台の参謀らは、当初から「これといった成果を出せずに帰ってくれば批判を浴びるだけだ」と文大統領訪日に否定的だった。特に、来年3月の大統領選挙を控えて、国内の反日感情を考慮せざるを得なかったものと見られる。こうした中、新型コロナ感染者が急増し、駐韓日本大使館の相馬弘尚総括公使が文大統領に対して不適切な表現を使ったことが伝えられて状況はさらに悪化した。

スポンサードリンク
青瓦台関係者は「容赦しがたい発言だった」「国民感情を考慮しなければならないし、以降の青瓦台内の雰囲気も懐疑的に変わった」と話す。さらに、日本の読売新聞が19日、「文大統領が23日に来日する」という確定的な報道をしたことから、青瓦台の参謀たちは同日午前、非公開のティータイムで「今行けば日本に利用されるだけだ」と大統領訪日を引き止めたと言われる。ある人物は「以前までは賛否が半々だったが、この日は雰囲気が険悪で、反対の方がはるかに多かった」と伝えた。

与党・共に民主党でも訪日反対の声が強かった。李洛淵(イ・ナギョン)元首相は同日、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「フェイスブック」の「大統領訪日、今は違います」というタイトルの投稿文で、「今の日本側の態度では韓首脳会談成功を期待するのは難しい。そうした時に駐韓日本総括公使の恥辱的な妄言が飛び出した。日本はそれに対する適切な措置も取っていない」と書いた。姜炳遠(カン・ビョンウォン)最高委員も「文大統領が五輪開会式を祝うためだけに出席するのは、日本国内の不信が最高値に達している菅政権の屏風になるだけだ」と言った。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/07/20/2021072080003.html

2021-07-14-k005.jpg

朝鮮日報は、韓国大法院(最高裁)が強制徴用被害者への賠償を日本企業に命じたことに対し、日本側が事実上の報復として対韓輸出規制を強化したことについて、韓国側はこれの撤回を含め、歴史問題を解決するための措置を求めたものの、日本側が応じなかったと外交関係者はみていると報じている。 文大統領はこのような状況で訪日して首脳会談を行い、成果なく帰国した場合、韓日関係の主導権を日本にわたすことになる懸念があると判断したとみられる。

今のタイミングでの訪日は最悪だろう。コロナ感染拡大のさなか訪日する必要はない。両国は文大統領の五輪開幕式出席をきっかけに、文大統領と菅義偉首相の初対面となる首脳会談を推進してきたというが、輸出規制や慰安婦・強制徴用といった歴史問題をめぐり、前向きな合意点など無いだろう。

関連記事

[ 2021年07月20日 08:42 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp