韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LS電線、1859億ウォンを投じて海底ケーブル工場を増設

LS電線、1859億ウォンを投じて海底ケーブル工場を増設

韓国内で唯一海底ケーブル生産工場を保有しているLS電線が、1800億ウォンを投資して最新設備を備えた工場の拡張に乗り出す。

25日、LS電線は10月、江原道東海市(カンウォンド・トンへシ)の第2事業所内に追加海底ケーブル工場を着工すると明らかにした。2023年4月に完成予定のこの工場には、1859億ウォンを投資する計画だ。LS電線は「増設した生産ラインが稼働すれば、LS電線の海底ケーブル生産能力は現在より50%以上増加する」と説明した。新たに建設される生産ラインには、国内最大の電力ケーブル生産タワー( 垂直型絶縁押出ライン・俯瞰図)などの最新設備を備える予定だ。ケーブルを生産する際の必須過程である押出・冷却過程で重要な役割を果たすVCVタワーは、63階建てのマンションとほぼ同じ172メートルの高さで建てられ、今より生産性を高める計画だ。VCVタワーが完成すれば、東海市で最も高い建築物となる。

LS電線は2008年に東海市に国内初の海底ケーブル工場を建設後、現在まで3400億ウォンを投資してきた。既存の工場は、敷地が21万6000平方メートル、延べ面積が8万4000平方メートルの規模であり、新たに建設する工場は延べ面積が3万1000平方メートル規模となる。
https://www.donga.com/jp/

スポンサードリンク
LS電線株式会社は京畿道安養市に本社を置く電線メーカー。世界3位の電線メーカー。独占に対する規制から、2005年にLGグループは石油化学やコンビニエンスストアなどの部門をGSグループとして、LG電線グループなどの部門をLSグループとして分離した。「LS」とは"Leading Solution"の略とされるが、具会長は「系列分離以降、新たに出発する意味で名前を変えた」とし、「LGの伝統と長所を継承するとの点で“L”の字を残した」としている。

2021-07-25-k001.jpg

LS電線は昨年、韓国電気安全公社と「海上風力事業の技術協力に向けた協約(MOU)」を締結している。両社は海上風力団地使用前検査の標準化、海底ケーブルの安全基準確保などに向けて協力していくとしている。超高圧海底ケーブルはケーブル業界の技術力が集約された製品で、全世界的にLS電線を含め、5社だけが製造することができる。 LS電線は2008年、欧州と日本のメーカーが寡占していた市場に進出した後、10年余りぶりにメジャーメーカーへと浮上した。

LS電線の関係者は、国内外で気候危機対応とコロナ19の克服に向けた財政投資レベルで、海上風力事業の投資規模が大きくなった。LS電線は韓国石油公社や浮体式洋上風力発電事業協力のためのMOUを締結するなど関係機関との協力関係を強化し、浮体式海底ケーブルなどの新製品開発にも拍車をかけている。

関連記事

[ 2021年07月26日 08:27 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp