韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国GM・ルノーサムスン・双竜自の生産販売台数、通貨危機以降最低に

韓国GM・ルノーサムスン・双竜自の生産販売台数、通貨危機以降最低に

韓国の自動車メーカーのうち、韓国GM、ルノーサムスン、双竜自動車の3社による生産・販売台数が通貨危機当時の1998年以降の23年間で最低に落ち込んだ。

韓国自動車産業協会の統計によると、今年上半期の3社の生産台数は24万319台で、1998年(23万4699台)以降で最低を記録した。コロナの影響で工場の操業を一時中断した昨年(27万3998台)よりも12%減少した。3社の国内販売台数は8万8625台にとどまり、1998年(7万3169台)以降で最も少なかった。 新車不在や経営危機、ブランドイメージの低下で顧客が流出していることに加え、年初来の車載用半導体不足や労組によるストライキの影響などで生産に支障が出た結果と言える。

3社の不振で今年上半期の韓国の自動車生産台数は181万台にとどまった。2019年(202万台)と比べると20万台以上減少した。韓国自動車研究院のイ・ハング上席研究委員は「韓国の自動車産業は年間生産台数400万台を防衛ラインとして、完成者から部品までが連鎖しているが、生産台数が350万台以下へと急速に減少すれば、結局は雇用減少につながる」と警告した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/07/27/2021072780003.html

スポンサードリンク
韓国GM・ルノーサムスン・双竜は、そもそも売れてないわけで仕方がない。世界の自動車産業が低迷する中での事である。
一方日本の自動車関連産業は、日本経済と雇用を支える戦略産業は、関連産業就業人口が約540万人、輸出総額の2割、研究開発投資が3兆円。

2021-07-27-k005.jpg

CASE時代に向け、車(自動運転・電動化)、インフラ・関連サービス(運行管理・メンテ・サービス)双方の対応(開発・投資)が必要になる中で、社会全体で最適な投資が行われ、ビジネスとして回る仕組みを考える必要がある。そのためには社会的なメリットの最大化・コストの最小化が重要としている。 モビリティ自体も多様化し、モビリティの境目の消失、人流と物流の壁がなくなっていく中、インフラ整備等についても「自動車」単体ではなく、他のモビリティや関連領域を含めた社会全体で検討すべき課題としているようだ。

短期的には、コロナ禍により一部サプライヤーが危機的状況に陥り、サプライチェーンの途絶リスクもあるため、資金繰り支援等を着実に行うとともに、中小サプライヤが抱える中長期的な課題(ヒト・モノ・カネ・情報インフラ)の解決を支援することが必要がある。 世界的に見て、コロナ禍の先行きに不透明性がある中で、サプライチェーンの維持・強化のために、一定の国内需要の確保が重要で、その際安全性の向上や電動化の促進といった社会的・政策的な課題の解決と合わせて行うことが重要としている。

世界的に脱炭素化、電動化の進展は想定されるが、ゼロエミッション化に際しては、2050年及びそれ以降という長期を見据え、乗用車・商用車といったユースケースに応じて、ハイブリッド、PHEV、EV、FCVといった多様な技術(複線型アプローチ)の追求を加速する事も重要となる。

関連記事

[ 2021年07月27日 09:20 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
朝鮮日報は、
早い話が、
生産台数が足りないのだから、ストはやめろ、と言えばいい。

もっとも、韓国メーカーの減産は、世界全体の過剰な台数の調整に役立っている。
朝鮮日報は、そういことを言いたいようだ。
[ 2021/07/27 11:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp