韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  シャオミの進撃…6月に世界のスマホ市場で初の1位に

シャオミの進撃…6月に世界のスマホ市場で初の1位に

中国のシャオミが初めて月間基準で世界のスマートフォン市場で1位に上がった。新型コロナウイルスと半導体不足の余波でベトナム工場での生産に影響が出たサムスン電子は2位に押された。ハナ金融投資が市場調査会社カウンターポイントリサーチの資料を分析し28日に発表した報告書によると、シャオミの6月のスマートフォン販売台数は1974万台で前年同月比67%増加した。シェアは17%で初めて1位を記録した。

サムスン電子は1812万台を売り前年同期より22%減った。シェアは16%でシャオミと1ポイント差だった。アップルはiPhone12の効果で6月の販売台数が1647万台で前年同月比16%増加した。シェアは14%だった。ハナ金融投資のキム・ロクホ研究員は、「サムスン電子はギャラクシーS21の販売が振るわない状況でミドルエンド級では善戦していたが、ベトナム工場の生産支障でシェア下落は避けられなかった。7月にはベトナム工場が再稼働したのでどの程度まで反騰するのか見守る必要がある」と分析した。

6月の世界のスマートフォン販売台数は前年同月比5%、前月比7%増加した。中国の販売台数は前年同月より2%減り、インド市場も5%減少した。米国は5%増加した。

スポンサードリンク
キム・ロクホ研究員は「6月に米国と中国、インド市場いずれも前月比では販売台数が増加した。東南アジア地域を中心に新型コロナウイルスの感染再拡大による影響でその他の地域は販売台数が減少した」と明らかにした。続けて「7月のスマートフォン市場は半導体供給不足が緩和する過程でサムスン電子のベトナム工場正常化とインドの封鎖措置緩和はプラス要因だが、iPhoneを中心にした米国の販売台数減少はマイナス要因」と分析した。

これに先立ち市場調査会社のカナリスは4-6月期のスマートフォン出荷シェアでシャオミが17%となりアップルの14%を抜いて2位に上がったと発表した。サムスンは19%で1位だった。
https://japanese.joins.com/JArticle/281289?servcode=300§code=320

2021-07-29-k003.jpg

調査会社Canalysは7月15日、第2四半期(4~6月)の世界スマートフォン市場の調査結果を報告した。コロナワクチンの世界的な展開に伴って消費行動が復調し、総出荷台数は12%増加した。シェアランキングでは、中国Xiaomiが初めて2位になり、米Appleは3位に落ちた。首位は前期と同じ韓国サムスンだった。Xiaomiは海外事業を急速に成長させており、中南米での出荷台数は300%増、アフリカで150%、西欧で50%増加した。Canalysは、Xiaomiの強みは平均販売価格の低さで、サムスンの40%、Appleの75%であることだと指摘した。

Canalysはまた、2021年の総出荷台数は前年比12%増で14億台に達すると予想した。2020年はコロナ禍の影響で7%減だった。ただし、消費は回復しても、世界的な半導体不足により、バックオーダーが増え、出荷台数の増加に影響すると予測した。

関連記事

[ 2021年07月29日 08:26 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp