韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自とLGエネルギーソリューションがインドネシアにバッテリーセル合弁工場を建設

現代自とLGエネルギーソリューションがインドネシアにバッテリーセル合弁工場を建設

現代(ヒョンデ)自動車グループとLGエネルギーソリューションが、インドネシアにバッテリーセルの合弁工場を建設する。2024年から工場が本格的な量産に入れば、年間電気車15万台に搭載できる規模のバッテリーを生産する。現代自は、日本車が掌握した東南アジア自動車市場の攻略のための垂直系列化を成し遂げ、LGエネルギーソリューションは韓国、米国、中国、ポーランドに次ぐ5番目の生産拠点を構築することになった。

29日、現代自グループとLGエネルギーソリューションは、インドネシアのカラワン産業団地に年産10GWh規模のバッテリーセル合弁工場を設立すると発表した。工場敷地の規模は33万平方メートルだ。両社は今年第3四半期に合弁法人(JV)を設立し、第4四半期に着工して、2023年上半期に完成後、試験稼動に入る計画だ。両社が半分ずつ、計11億ドル(約1兆1700億ウォン)を投資し、50%ずつの持分を持つ。

インドネシアを生産拠点にしたのは、バッテリーのコア素材であるニッケルなどを調達しやすく、人件費が安いためだ。インドネシアは、ニッケルの埋蔵量や採掘量が世界トップで、政府レベルで電気車関連産業を積極的に育成している。合弁工場は一定期間、法人税や関税などの減免を受ける。合弁工場ではニッケル(N)、コバルト(C)、マンガン(M)、アルミニウム(A)などを追加した高性能NCMAリチウムイオンバッテリーセルを生産する計画だ。

スポンサードリンク
今回の合弁工場の設立で、韓国車の東南アジア進出に拍車がかかる見通しだ。現代モービスがバッテリーシステムの生産を担当し、現代自動車がインドネシアのブカシ・デルタマスに建設している自動車製造工場が年内に完成すれば、来年から電気自動車などの自動車を年間15万台以上生産するものと見られる。現代自グループは、LGエネルギーソリューションとの合弁工場が完成すれば、「バッテリー・部品・完成車」へとつながる電気車の供給ベルトを完成することになる。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20210730/2825155/1

2021-07-30-k002.jpg

現代自動車グループとLGエナジーソリューションがインドネシアに電気自動車バッテリーセルの合弁工場を建設する。韓国最大の完成車メーカーとバッテリー企業が海外に合弁会社を設立する初の事例だ。東南アジア電気車市場の主導権を握るために韓国の代表企業が手を組んだ。

現代車グループとLGエナジーソリューションは年産10ギガワット時(GWh)規模のバッテリーセル合弁工場を建てるためにインドネシア政府と投資協約を締結した。合弁法人は2024年から毎年電気車15万台に搭載できる分量のバッテリーを生産する計画で、両社は合弁工場の設立に約11億ドル(約1204億円)を投資する。インドネシア政府は工場設備・部品の関税免除とインセンティブなどを提供する。

合弁工場はインドネシアの首都・ジャカルタから南東に65キロメートル離れたカラワン産業団地に建てられる。今年4分10-12月期に着工して2023年上半期に完工するのが目標だ。ここで生産されるバッテリーセルは現代車と起亜の専用プラットホーム電気車などに搭載されるとしている。

関連記事

[ 2021年07月30日 10:45 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp