韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ファーウェイのスマホ新機種P50発表、鴻蒙OS利用者4000万人超に

ファーウェイのスマホ新機種P50発表、鴻蒙OS利用者4000万人超に

発表が延期されていたファーウェイ(華為)のフラッグシップスマートフォン最新モデル「P50」シリーズが29日夜、ついに正式に発表された。「P50」と「P50 Pro」の2機種あり、いずれも独自開発の基本ソフト(OS)「鴻蒙(Harmony、ハーモニー)」を搭載する。

P50シリーズのカメラには、背面カメラとセンサーを収めるハウジングが2つの円になったデザインを採用し、背面カメラには4つのレンズがある。P50 Proは3Dマイクロカーブの曲面スクリーンを採用し、リフレッシュレートは120Hz、重さは181グラム。P50は従来と同じく平面ディスプレー、リフレッシュレートは90Hz、重さは195グラム。P50シリーズは色域はDCI-P3規格に対応した広色域で、最大10億7000万色の表示に対応し、1440Hzの高周波数PWM調光機能を搭載する。また、66W有線急速充電、デュアルスピーカー、IP68の防塵・防水性能を備えている。ボディカラーはココアゴールド、ピンク、ゴールデンブラック、ホワイト、光の当たり方によって色が変わるブルーの5色。

ファーウェイ消費者向け端末事業部の余承東(ユー・チョンドン)最高経営責任者(CEO)は発表会で、「7月29日現在、『Harmony OS』にアップグレードしたユーザーは4000万人に上る。既存機種のP10とMate9も将来的にいずれ『Harmony OS』へのアップグレードをサポートするようになる」と述べた。
https://www.recordchina.co.jp/b880246-s6-c20-d0189.html

スポンサードリンク
中国の華為技術(ファーウェイ)は現地時間7月29日に開催したオンラインイベントで、「HUAWEI P50」と「HUAWEI P50 Pro」を発表した。まずは中国のみで発売する。両製品を見るとすぐ、同社がカメラに力を入れたことが分かる。P50とP50 Proの両方で、背面にあるカメラの突起が1つではなく2つになっており、背面の幅の3分の1以上を占めている。

2021-08-02-k001.jpg

P50 Proの背面には、5000万画素のメインカメラ、6400万画素の望遠カメラ、4000万画素のモノクロカメラ、1300万画素の超広角カメラと、4台のカメラがある。P50もカメラ部分が同じように出っ張っているが、レンズが1つ少ない。5000万画素のメインカメラ、1200万画素の望遠カメラ、1300万画素の超広角カメラの計3台だ。驚くことに、基本バージョンの方がProバージョンより光学ズームが優れている(3.5倍に対し5倍)。どちらのモデルも、1300万画素の前面カメラを備えている。

Qualcommの「Snapdragon 888 4G」を搭載しており、P50 Proにはファーウェイ独自の「Kirin 9000」チップセットを搭載したモデルもある。Qualcommは2020年、ファーウェイにチップを販売する許可を得た。P50 Proは8/12GBのRAMと128/256/512GBのストレージ、P50は8GBのRAMと128/256GBのストレージを備えている。

関連記事

[ 2021年08月02日 08:19 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp