韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  海外で”人気急爆発中”の韓国製品とは?

海外で”人気急爆発中”の韓国製品とは?

2021年8月2日、韓国メディア・韓国経済は「海外で人気が爆発中の韓国製品」について伝えた。記事によると、サムスン電子は今年上半期の海外市場における家庭用エアコンの売上高が前年同期比75%増加した。

人気を集めているのは、同社が2016年に公開した「無風エアコン」。独自開発した新概念のエアコンで、最大27万個の細かいマイクロホールを通じて冷気を送るため、風が直接肌に触れることがない。業界では米暖房冷凍空調学会の基準である冷気流のない0.15m毎秒以下の風を無風と定義しているという。 韓国では昨年、この無風エアコンがサムスン電子製エアコンの売り上げの80%以上を占めた。海外では、17年に「ウィンドフリー(WindFree)」という名前で欧州およびタイで発売され、その後徐々に市場を拡大し、現在では80カ国、今後は約90カ国に販売を拡大していく計画だという。

北米および欧州では、今年上半期のサムスン電子製エアコンの売り上げの40%以上を無風エアコンが占めており、購買力の低い中南米地域でも24%も占めた。サムスン電子は「新型コロナウイルス拡散により家時間が長くなり、より快適で電気料金が節約できる無風エアコンを買い求める消費者が増えた」と分析している。 なおこの無風エアコンは「iFデザイン賞」「グッドデザイン賞」など海外の有名デザイン賞も受賞しているという。
https://www.recordchina.co.jp/b880350-s25-c30-d0194.html

スポンサードリンク
今も世界のトップを走るのが、大阪発の老舗空調メーカー、ダイキン工業。創業から90年以上たった今も本社を大阪に置く同社は、海外売上高比率が77%、グループ従業員の8割が海外で働くグローバルカンパニーです。空調専業メーカーながら、その売上高は2兆5,503億円に上る。時価総額も6兆7,123億円(2021年3月17日現在)と、日本の上場企業のランキングでTOP20位に入り、まさに日本を代表するメーカーといえる。

2021-08-04-k002.jpg

2018年以降業界順位がおおきく変動している。躍進著しいしいのは、格力(グリー)と美的集団(ミデア)で、主に家庭用の空調機分野で中国市場を席巻しています。巨大な中国市場をバックにした中国勢が、グローバル展開を目指すダイキンと熾烈な首位争いを繰り広げており、これら日中の3社が空調分野の新御三家として4位以下を引き離している。

関連記事

[ 2021年08月04日 08:11 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp