韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  WHO「ワクチンのブースターショット、9月末まで延期すべき…接種の不均衡が深刻」

WHO「ワクチンのブースターショット、9月末まで延期すべき…接種の不均衡が深刻」

世界保健機関(WHO)は4日(現地時間)、新型コロナウイルスワクチンの需給の不均衡を解消するため、ワクチンの追加接種(ブースターショット)は少なくとも9月末まで中止することを求めた。 WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェソス事務局長はこの日、メディア向けのオンラインブリーフィングで、富裕国ではワクチンが100人当たり100回投与されたのに対し、貧しい国では100人当たり1.5回分が供給されたに過ぎないとして、このように求めた。APが報じた。

テドロス事務局長は、すべての国で人口の10%がワクチンを接種するという目標をWHOが今年5月に発表したことを指摘し、「ワクチンの追加接種は少なくとも9月末まで中止し、少なくとも人口の10%がワクチン接種を受けられるようにしてくれるよう求める」と述べた。 これまでWHOは、2次接種を済ませた人に対して追加接種を行うことがコロナ感染の拡大を防ぐのに効果的なのかは、科学的に立証されてはいないと述べてきた。また、コロナ禍が長期間続けば変異株発生の可能性が高まるため、すべての人が安全になるまでは誰も安全ではないとし、富裕国のワクチン寄付を勧告してきた。

これについてテドロス事務局長の特別補佐官ブルース・アイルワルド氏は、ワクチン接種で遅れを取っている国々がある程度追いつくまでは、追加接種を延期してほしいということだと説明した。同氏は「変異株が相次いで出現するのを見たことで、私たちは全世界が共にコロナから脱出しなければ、誰も脱出できないということを知っている」とし「ワクチン供給に大きな不均衡がある中では、私たちはそれを達成することはできない」と述べた。

スポンサードリンク
富裕国と貧しい国のワクチン供給の格差は深刻だ。統計サイト「アワー・ワールド・イン・データ」の集計によると、2回のワクチン接種を済ませた人の占める割合は3日現在、富裕国はカナダが60.1%、英国が57.1%、ドイツが52.6%、米国が49.3%などとなっており、ワクチン接種は順調に進んでいる。 一方、所得水準の低い国では、一度でもワクチンを接種した人の占める割合は、ナイジェリアが1.2%、スーダンが1.4%、ケニアが1.9%、イラクが2.1%、エジプトが3.7%にとどまっており、ワクチン供給状況は劣悪だ。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/40727.html

2021-07-27-k001.jpg

新型コロナ予防接種対応推進団は、韓国内の研究および国外の事例などをもとに、専門家諮問を経て、高リスク群、アストラゼネカ・ヤンセンなどウイルスベクターワクチン接種者から、第4四半期中に追加接種を実施することを検討する予定だと説明している。第3四半期までに3600万人の1次接種を完了させ、第4四半期には、未接種の事由にかかわらず、非接種者全員に再接種の機会を提供する。40代以下の接種が行われた後、ワクチン供給状況に応じ、接種ワクチンを決定し、事前予約後、委託医療機関や予防接種センターにて接種するよう、計画を策定する予定といている。

また、新型コロナウイルスのワクチンを接種した後、1年以内にブースター(追加免疫)のワクチン接種が必要になりそうだと、ファイザーのCEOアルバート・ブーラ氏が語っている。ブーラ氏を含め、多くの専門家が新型コロナウイルスのワクチン接種は年1回のルーティンになるだろうと考えている。ファイザーのCEOアルバート・ブーラ氏は、新型コロナウイルスのワクチンを接種した後、1年以内にブースターのワクチン接種が必要になりそうだと語った —— 早ければ12月にも再び必要になるということだ。

関連記事

[ 2021年08月06日 08:28 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp