韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  デルタ株よりも大きな衝撃…「審判の日ウイルスがくる」

デルタ株よりも大きな衝撃…「審判の日ウイルスがくる」

「米国で変異株同士の戦闘は終わった。デルタ株が勝った」。ワシントン・ポストは8日、米国でデルタ株が絶対的な割合の優勢株としての位置を確立したとしてこのように表現した。アルファ株やベータ株など他の国で生成された変異株が順に米国に上陸したが、デルタ株が新規感染者の93.4%を占めたとしながらだ。

デルタ株の感染力は1人の保菌者が5人以上を感染させられる水準と推定される。中国・武漢で初めて感染が拡大した既存の新型コロナウイルスは平均2.5人を感染させた。デルタ株は5月8日までに米国全域で発生した新型コロナウイルス感染者のうち1%にすぎなかったが、3カ月で他の変異株を押し出した格好だ。

他の変異株をはね除けこの程度まで完全な支配株になったというのはデルタ株が他のコロナウイルスと違う点があるという証拠という点で懸念すべきと同紙は指摘した。まだ致死率に対してはさらの多くの調査が必要だが、現場ではデルタ株が感染力だけでなく重症化率も高いという声が出ている。デルタ株に感染した患者の場合、呼吸不全が早く現れたり、腎不全症、肝臓の損傷、血栓症状がさらに多く現れているということだ。

スポンサードリンク
ルイジアナ州バトンルージュ・ゼネラル・メディカル・センターのスティーブン・ブリエール重患者室長は「患者の呼吸困難症状がさらに早く始まっている。これまでより症状はひどく、さらに早い」と話した。ルイジアナ州のウィリス・メディカルセンターの新型コロナウイルス病棟臨床看護士は「デルタ株の感染が拡大した後、患者から多くの腎不全症と肝臓の損傷、血栓症が現れている」と話した。
https://japanese.joins.com/JArticle/281713?servcode=A00§code=A00

2021-08-10-k005.jpg

新型コロナウイルスワクチンの2回接種を完了した人に、通算3回目となる追加接種をする動きが、先進国で活発化してきた。各国がインド由来の変異ウイルス「デルタ株」などの拡大に対し、感染の収束を急いでいるためだ。ただ一部の国が追加のワクチンを消費すると、途上国に行き渡らなくなるという懸念もある。

米ファイザー製、モデルナ製のワクチンは2回接種で完了する。ただ十分な効果がいつまで続くかは、はっきりしていない。 ファイザーは2回接種後、発症予防効果がピークの96・2%から、半年後には83・7%に下がると発表。重症化の予防効果は半年後で96・7%だった。モデルナも2回目から半年間は発症予防効果が93・2%と公表した。高い数字だが、両社のワクチンは大規模な臨床試験が昨年7月以降、米国などでの一般向け接種は昨年12月以降の実績しかない。これより長期の予防効果は、未知数。

専門家の中には、毎年接種するインフルエンザワクチン同様、新型コロナワクチンも追加の接種が必要になるという見方がある。接種から時間が経過して効果が落ちた場合でも、体に抗体が残っている間に追加接種すると、効果が再び高まる「ブースター効果」が期待されている。イギリスやフランスはすでに三回摂取を決めている。日本も来年早々に三回摂取になるだろうと河野大臣が発言している。問題は副作用のみならず、三回目のワクチンは何を接種するのかはさらに重要となる。

関連記事

[ 2021年08月10日 08:39 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp