韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  「30代娘、ファイザー2回目の接種後に脳出血で死亡…納得できない」請願文登場=韓国

「30代娘、ファイザー2回目の接種後に脳出血で死亡…納得できない」請願文登場=韓国

30代の保育園教師が新型コロナワクチン接種後一日で亡くなり、当局が因果性の調査を始めた中、遺族側が真相究明を促す請願文を掲載した。 9日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)国民請願掲示板には「新型コロナワクチンのファイザーの2回目接種後、翌日死亡」というタイトルの文章が投稿された。

作成者はワクチン接種後死亡したA氏に対して「手術履歴もなく基基礎患患者でもない35歳の元気な女性だった」として「出産後5月に再就職した保育園教師」と説明した。 請願文によると、A氏は先月14日ファイザー1回目の接種を受けた。当時、腕の筋肉痛以外には異常がなかった。今月4日午前10時にファイザーの2回目の接種を受け、同日午後9~10時ごろ深刻な頭痛後に言語障害と嘔吐症状を見せて倒れた。A氏は直ちに病院に運ばれ、CT撮影後脳出血判定を受けた。その後、同月5日午前7時に亡くなった。

作成者は「手術履歴もなく基礎疾患もない元気な30代女性だった」として「あまりにも腹が立ち、納得できない。病理解剖を要請しておいた状態で、月曜日に検査が行われる予定だ。早いうちに処理されるようにお願いする」と訴えた。 一方、保健当局はA氏に対して因果性を調べている。
https://japanese.joins.com/JArticle/281763?servcode=400§code=400

スポンサードリンク
どのようなワクチンも、人工的に体内で免疫反応を起こすことで、実際に感染しそうになった場合に備える。このため打った部位が腫れる、痛くなる、熱が出るといった免疫反応に伴う症状が起きることがある。まれに、ワクチンに含まれている成分に対して強いアレルギー反応の出る人もいます。新型コロナウイルスのワクチンは、こういった反応が他のワクチンよりも少し多く出る傾向があるかもしれないとされている。

2021-08-11-k001.jpg

ワクチン接種が進む米国の疾病対策センター(CDC)によると、米ファイザー社と独ビオンテック社の開発したワクチンを打った後に主な副反応として、次のような症状が報告されています。このワクチンは日本でいま接種が始まっているのと同じもの。打った部位の痛み(1回目の接種後は約68%の人、2回目の接種後は約75%の人)、倦怠感や疲労感(同29%、50%)、頭痛(同26%、42%)、筋肉痛(同17%、42%)、寒気(同7%、27%)、発熱(同7%、25%)、打った部位の腫れ(同7%、27%)、関節痛(同7%、21%)、吐き気(同7%、14%)といった症状。こういった副反応は、他のワクチンよりも高い傾向がある。

関連記事

[ 2021年08月11日 08:37 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp