韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  OECD最下位圏だった日本の新型コロナワクチン接種率、まもなく50%超

OECD最下位圏だった日本の新型コロナワクチン接種率、まもなく50%超

日本は今年5月まで新型コロナワクチン接種率が経済協力開発機構(OECD)加盟国で最下位圏だったが、今月中には接種率50%を超えるものと予想されている。 英オックスフォード大学などが運営する国際統計サイト「Our World in Data」によると、今月9日までに日本で1回以上、ワクチンを接種した人は47.12%だったという。今年5月9日の1回以上のワクチン接種率は3.2%で、OECD加盟国で最低水準だったが、わずか3カ月で人口1億2600万人の約半数にワクチン接種を実施したことになる。

日本は今年5月10日に「一日100万回接種」を目標に掲げ、65歳以上の高齢者を対象にワクチン接種を本格化させた。当時は接種する医療人材や会場不足の問題が浮上、「現実を考慮しないとんでもない目標」と批判された。しかし、中央政府が地方都市に大型接種センターを設置、自衛隊を動員するなど援護射撃に出て、6月初めに一日100万回以上という接種目標を達成した。東京五輪開幕を控えた7月初めには一日平均140万回以上接種が行われた。

日本のワクチン接種スピードアップ作戦が可能だったのはワクチン供給が豊富だからだ。日本もモデルナから契約量(5000万回分)の3分の1程度に当たる1370万回分しかワクチンが届かないなど、供給に支障が出た。だが、日本はファイザーという確実な代案を持っていた。ファイザーは今年6月までに1億回分を供給しており、7-9月中には計7000万回分を供給する。ファイザーは日本政府との交渉で、来月までに600万回分を追加供給することにした。

スポンサードリンク
菅義偉首相は今月9日の記者会見で、「ワクチン接種回数が1億回を超えた」「新規感染者のうち高齢者が占める割合は3%にとどまり、高齢者の重症化のリスクも高まっていない」と述べた。日本政府はデルタ変異株の拡散により一日新規感染者数が1万人を大きく上回っている状況で、ワクチン接種にいっそう拍車をかける方針だ。来年のブースター・ショット(3回目の接種)のためのワクチンも2億回分確保する方針だ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/08/12/2021081280012.html?ent_rank_news

2021-06-12-k002.jpg

アワー・ワールド・イン・データの集計によると、韓国はこの日まで世界平均接種完了率(15.3%)に及ばない唯一のOECD加盟国でもある。今年5月OECDに加盟したコスタリカも16.7%だった。OECD加盟国の半分近くが接種完了率で50%を超える。これに先立って、韓国は、OECD加盟国の中で接種開始が最も遅れ、現在1回目の接種率は40.7%でOECD加盟国のうち下位圏(34位)。

多数の加盟国は1・2回目の接種率がともに上昇しているが、韓国は特に2回目の接種率が遅々と進んでいない。高麗大学九老病院感染内科のキム・ウジュ教授は「政府が公言したワクチンの物量が相次ぎ適時に提供されていないのが根本的な原因であり、1回と2回接種の間隔を伸ばすなど下の石を抜いて上の石を支えるような接種をした結果」と指摘している。

各国がワクチン三回目の実施を模索し、実施計画を進めており、日本でもインド型に備えて対応するものと予想する。

関連記事

[ 2021年08月13日 08:50 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp