韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  大韓航空の貨物売上高 4~6月期は過去最高に

大韓航空の貨物売上高 4~6月期は過去最高に

韓国航空最大手、大韓航空が貨物輸送で新型コロナウイルスによる危機をチャンスに変えている。 金融監督院の電子公示システムによると、大韓航空の4~6月期の売上高は前年同期比16%増の1兆9508億ウォン(約1837億円)、営業利益は同31%増の1969億ウォンだった。

貨物の売上高増加が業績向上を後押ししたとみられる。4~6月期の貨物売上高は、過去最高を記録した昨年10~12月期の1兆3609億ウォンを上回る1兆5108億ウォンを記録した。
 同社は昨年、新型コロナによる旅客急減をを受け、貨物事業を強化し、旅客を乗せずに貨物だけを輸送する貨物専用旅客機を65路線で運航した。 貨物専用旅客機の運航回数は昨年3月に38回だったが、現在は月800回を超え、1年5カ月で計1万回を突破し、貨物輸送量は計40万トンに達した。

同社は旅客機を貨物輸送に転用するなどして貨物輸送量を拡大している。検査キット、防護服、マスクなどの防疫用品、ワクチンは新型コロナ流行後、同社の代表的な輸送品目として定着した。 韓国に到着する新型コロナワクチンは韓国航空大手のアシアナ航空も一部を輸送しているが、大半は外国の航空会社と大韓航空が輸送しているという。

スポンサードリンク
大韓航空は国内への迅速なワクチン輸送のために航空機の運航スケジュールを調整し、コールドチェーン(低温物流)設備を持続的に補強している。今月4日にオランダ・アムステルダムから仁川国際空港に輸送したワクチンは、同社のワクチン輸送量としては最多の253万回分だった。 韓国への新型コロナワクチン導入が本格化し、下半期のワクチン輸送も増えると予想される。同社関係者は、医薬品や医療物資の輸送にも全社を挙げて取り組んでいくと話している。
https://news.livedoor.com/article/detail/20702945/

2021-08-16-k001.jpg

韓国の航空最大手・大韓航空は先月7月30日、アシアナ航空との統合(PMI)計画案を最終的に確定したと明らかにしている。最終確定したPMI計画には、フルサービス航空会社(FSC)の大韓航空とアシアナ航空、低コスト航空会社(LCC)のジンエア、エア釜山、エアソウルなど系列航空会社の統合が盛り込まれた。さらに、持株会社の行為制限問題の解消案、雇用維持および団体協約の継承案、支援事業部門の効率化案なども含まれた。

大韓航空はアシアナ航空との統合で新たに発足する、グローバルネットワーク航空会社に大きな期待をかけている。PMI計画に基づき、旅客・貨物事業の重複路線の効率化△連結便の強化を活用した旅客・貨物スケジュールの多様化、利用客のベネフィットの増進、コスト削減を通じた統合シナジーの創出などが期待できるという。大韓航空は今後、PMI計画の実施に向け、必要な手続きを行う一方、産業銀行との約定に基づき、計画履行の点検を定期的に受けることになる。

大韓航空は連結ベース、今年第1四半期の売上高は1兆7925億ウォン(約1739億円)で、前年同期比24.7%減少したが、営業利益は1016億ウォン(約98億円)で、黒字転換に成功した。これにより、大韓航空は新型コロナ以降、4四半期連続の黒字を記録した。実績をけん引したのは、やはり貨物事業である。第1四半期の貨物事業の売上高は、1兆3530億ウォン(約1350億円)で、前年同期比二倍以上増加した。昨年からコロナ事態により国際線旅客需要が減り、打開策として貨物稼働率を高め、貨物専用旅客機運航や座席取り外し旅客機投入などの供給を最大化している。

関連記事

[ 2021年08月16日 08:20 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp