韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の家計所得、4年ぶりに減少…上位20%のみ増加

韓国の家計所得、4年ぶりに減少…上位20%のみ増加

今年の第2四半期の世帯当たりの月平均所得がこの4年で初めて減少した。昨年の第2四半期に支給された全国民災害支援金による基底効果の影響により、下位80%世帯の所得がすべて減少した一方、上位20%世帯だけは増加を示した。

 統計庁が19日に発表した「第2四半期家計動向調査」の結果によると、今年第2四半期の世帯当たりの月平均所得は、1年前に比べ0.7%減(-2万8000ウォン、約-2610円)の428万7000ウォン(約40万円)となった。緩やかな景気回復傾向にある中、勤労・事業・財産所得はいずれも増加したものの、公的移転所得が大きく減少したためだ。これは、2017年第2四半期に0.5%(-1万9000ウォン、約-1770円)減少して以来16期ぶりのマイナスだ。ただし統計庁は、今年の第1四半期の家計動向調査から、公表範囲を従来の「2人以上の非農林漁家」から単身世帯と農林魚家を含めた全世帯へと拡大している。

政府は、昨年の第2四半期に全国民災害支援金が支給されたことで、公的移転所得が前年に比べ113.7%も増えたことによる錯視効果が大きいと説明した。企画財政部は「昨年第2四半期に全国民災害支援金などの大規模な政策支援が集中したため、公的移転所得が異例に大きく増加した」とし「(今年第2四半期は)前年に比べ公的移転所得は減少したが、コロナ禍の被害階層に対する支援は続いており、コロナ以前に比べて高い水準を維持している」と述べた。

スポンサードリンク
問題は、コロナ拡散の1年でさらに深刻化した「両極化」だ。公的移転所得の減少で下位80%世帯の第2四半期の所得が減少した中、上位20%世帯は月平均所得が924万1000ウォン(約86万1000円)となり、1年前に比べ1.4%の増となった。上位20%の世帯も公的移転所得は減ったが、総所得に占める割合が小さいため相対的に影響が少なく、勤労所得(4.8%)、事業所得(1.3%)、財産所得(127.7%)、非経常所得(16.4%)も増加したためだ。

下位20%世帯の月平均所得は96万6000ウォン(約9万円)で、1年前より6.3%減少した。これは2018年第2四半期(-16.7%)以降で最大の減少幅だ。下位20%世帯は、景気改善の影響で勤労所得(19.6%)や事業所得(16.1%)などの市場所得が増加したにもかかわらず、公的移転所得が22.5%も減少したことで総所得が減少した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/40865.html

2015-07-14-wa-1.jpg

アジア通貨危機の時、韓国はまさに突然に破綻した。いきなりのデフォルトであり、予兆はあったのかもしれないが、まったく気づかなかった。当時の韓国は『中所得国の罠』から脱し、対日貿易では慢性的な赤字が続いていたが、アメリカを中心として対外貿易は黒字。韓国や台湾、特にASEANのような、独裁主義か共産主義のような国々にとっての模範例となるべき存在。それがが突然破滅した。これは大きな驚きだった。

『経常収支=所得−内需』なので、内需(国内市場力)の劣化による『経常黒字』も『悪い』。国内市場の縮小によってもたらされた経常黒字な訳で、労働者の可処分所得の低下を意味する。実際にはインフレ率に可処分所得の賃金増加率が追いつかないために「生活が苦しくなる」というパターン。所得も内需も成長率が鈍化してるはずだが、内需の成長率の低下の方がより大きいために、結果として『経常収支が黒字になっている』に過ぎない。

経常収支の内容は、主に四つ(。
①貿易収支(通関統計における輸出から輸入を引いたもの)
②一次所得(国外から得た利払いや配当から、国外に支払った利払いや配当)
③二次所得(事実上の対外援助金)
④サービス収支(知財や海外旅行収支等の物品・配当金以外のサービスの収支状況)
決定的な違いは一次所得だ。日本は大幅な黒字、韓国は圧倒的に赤字。韓国の赤字の内容は『政府予算の赤字』で国家予算の過半が外責となる。韓国の場合、国内の金融機関が絶望的に脆弱で、この不足分の国債を韓国国内で消費することが出来ない。なので外国人投資家に頼るしか無い。赤字が外債なだけでなく、政策予算の過半が外債であり、これが致命的となる。

国家破綻はタイミングなのだろう。世界経済大低迷の中で、今後どうなるのかは、自然惨害含め難しい状態にきている。つまり大きな転換期となっている。これは当然すべての企業に言える事で、単独で何とかできることでは無い。世界企業との連携と協力こそが良いアイデアを生むのだろう。今の韓国の我儘で通用することでは無い。まして外資系企業であるから、経営者が韓国人であっても、株主に左右される。大きな壁を乗り越えるために、何をするべきかは、一致協力でしかない。

関連記事

[ 2021年08月20日 08:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp