韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  半永久的に飛行して地上を攻撃する原子力推進式巡航ミサイル、ロシアが近く試射か

半永久的に飛行して地上を攻撃する原子力推進式巡航ミサイル、ロシアが近く試射か

空中を長期間飛び回って随時地上を攻撃できる原子力推進ミサイルをロシアが近々試射する計画だ、と米CNNテレビが19日(現地時間)に報じた。このミサイルは、従来の衛星では探知が難しい低高度で半永久的に飛行する上、空中から地上を直接攻撃することができ、戦争の構図を変えかねない「ゲームチェンジャー」の一つと評されている。米国のミサイル防衛(MD)システムも無力化できる、という見方も出ている。

CNNは19日、米国の民間衛星企業「カペラ・スペース」が撮影した、北極圏のノバヤゼムリャ島にあるロシアの軍事基地の衛星写真を入手し「ロシアが巡航ミサイル『9M730プレベスニク』の試射を準備している」と報じた。 北大西洋条約機構(NATO)など西側が「SSC-X-9スカイフォール」と呼んでいるこのミサイルは、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が2018年3月の国政演説で言及した次世代最先端戦略兵器の一つだ。プーチン大統領は当時「このミサイルは無限の射程を持つ完璧に新しい兵器」と語った。

CNNが入手した写真によると、基地内部の平野地帯にはプレベスニク専用の発射台やミサイル隠匿用のコンテナが設置されており、ミサイル発射に必要な各種の貨物が積まれている。厳しい北極の天候を避けてミサイル発射を準備・実行する特殊基地も設置された。CNNは「今年6月までは見られなかった様子」とし「ロシア政府は最近、付近の漁業者に『この基地の周辺で危険な軍事作戦が遂行される』と事前通知した」と伝えた。

スポンサードリンク
軍事専門メディア「ザ・ウォーゾーン」によると、このミサイルは地上数百メートル前後という低高度を音速に近いスピードで飛行するので、大陸間弾道ミサイル(ICBM)や一般の巡航ミサイルを狙った米国のMDシステムでは探知・迎撃が難しい。また、ミサイルに搭載される小型原子炉は、核分裂などを通してミサイルに半永久的な推進力を与える。今回の衛星写真分析に加わった米国ミドルベリー国際問題研究所のジェフリー・ルイス研究員は「この兵器は、米国のMDシステムが責任を負える範囲の外に、射程の制限なく無限に飛べる敵のミサイルが存在するということを意味する」とコメントした。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/08/20/2021082080063_2.html

2021-08-21-k003.jpg

ワシントン(CNN) ロシアが再び原子力推進式巡航ミサイル「ブレヴェスニク」の実験準備をしている可能性があると、最新の衛星画像を分析した専門家が指摘している。同ミサイルは「スカイフォール」とも呼ばれ、米国の防衛システムをかわす狙いで開発されている。衛星画像は、商用衛星画像サービス企業カペラ・スペースが8月16日に撮影した。この画像を分析した米ミドルベリー国際問題研究所の専門家はCNNの取材に対し、北極圏に近い発射場で「ロシアが核巡航ミサイルの実験準備をしていることを強く示唆している」との見方を示した。

米政府も、ロシアが先端兵器開発の一環として、再びブレヴェスニクの実験準備を進めている可能性があることは認識しているという。ロシアは過去に少なくとも1回、北極圏に近い同じ場所でこの原子力推進式巡航ミサイルの飛行実験を2017年11月に実施している。ロシアはその後数カ月の間に複数回の実験を行ったと伝えられているが、1度も成功したとはみなされていない。商用衛星画像サービス企業プラネットがこの夏にかけて撮影した画像には、貨物船が同地に停泊し、物資が積み上げられる様子が写っていた。さらに最近になって、ロシアは北極圏のノバヤゼムリャにあるブレヴェスニクの実験場近くで8月15~20日の間に有害業務が実施されるとして、船舶などに警戒を促した。

関連記事

[ 2021年08月21日 08:29 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp