韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  高齢化が進む韓国製造業…米国や日本より急速

高齢化が進む韓国製造業…米国や日本より急速

韓国の製造業人材は主な製造大国である米国や日本よりも急速に高齢化している。このような分析が発表された。 韓国経済研究院が23日に発表した資料「製造業勤労者の高齢化推移」によれば、製造業勤労者に占める50代以上の割合は、2010年の15.7%から2020年には30.1%に高まった。雇用労働部の雇用形態別勤労実態調査に基づく分析だ。同じ期間に30代の割合は35.1%から27.8%に、青年層(15~29歳)の割合は21.6%から15.2%に減った。40代の割合は27.7%から26.9%に下がった。

韓国は、米国や日本より高齢化がはるかに急速に進んでいた。韓国の製造業勤労者の平均年齢は、2011年の39.2歳から2020年には42.5歳になり3.3歳上がったのに対して、日本は1.2歳(41.6歳→42.8歳)、米国は0.3歳(44.1歳→44.4歳)にとどまった。年平均増加率は韓国が0.90%で、米国の0.08%、日本の0.32%よりはるかに急だ。韓国経済研究院は「こうした傾向が続くなら、2026年以降には韓国の製造業勤労者の平均年齢は44.9歳になり、米国(44.6歳)、日本(43.6歳)を超えることになる」と推定した。

韓国経済研究院は製造業の高齢化について「少子化にともなう人口の高齢化」のみが原因だとは言えず、「各種の企業規制、厳格な労働規制により既存の正規職は過保護になるとともに、製造業の投資と雇用が萎縮しているため、青年層の労働市場への進入が難しくなったため」と解説した。

スポンサードリンク
年齢層ごとの賃金の推移を見ると、50代以上の勤労者の月平均賃金は2010年の260万7000ウォンから2020年には409万6000ウォンとなり、年平均で4.6%増加したのに比べて、青年層は3.6%、40代は3.3%、30代は2.5%の増加にどとまる。韓国経済研究院は、高齢層の賃金が青壮年層より大きく上がったのは、生産性と無関係に勤続年数により賃金が上がる年功序列賃金体系のためと分析した。韓国経済研究院は雇用部の資料を引用し、2020年現在、100人以上の事業所のうち、年功序列賃金を導入しているのは半数以上(54.9%)を占めると明らかにした。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/40896.html

2021-08-24-k001.jpg

昨年、韓国では総人口の増加率が史上最低水準にとどまり、「人口絶壁の現実化」が目前に迫っている。すでに昨年には、年間の出生児数が死亡者数を下回る「デッドクロス」現象が発生した。高齢人口が大幅に増えるなど、少子高齢化も急激に進み、韓国経済の生産性低下への懸念がさらに高まっている。韓国統計庁が29日に発表した「2020年人口住宅総調査結果」によると、昨年11月1日基準の韓国総人口は5182万9000人で前年比0.1%(5万人)増加した。年平均増加率は関連統計を取り始めた1955年以後、歴代最低値。

韓国人は1年前より0.3%(13万3000人)増えたが、外国人(8万3000人減)が1990年以後初めて減少した。新型コロナの余波で外国人の入国が減ったためだ。 韓国人の中で65歳以上の高齢人口は2019年の約775万人(15.5%)から今年821万人(16.4%)と、初めて800万人を超えた。一方、0~14歳の幼少年人口(618万人、12.3%)と15~64歳の生産年齢人口(3575万人、71.3%)はそれぞれ13万人、19万人が減少した。 

幼少年人口に対する高齢人口の割合を計算する「老齢化指数」は、年間10.1ポイント上昇した132.9で歴代最高値を記録した。老齢化指数の上昇幅は16年(5ポイント)、17年(7.2ポイント)、18年(6.8ポイント)、19年(8.6ポイント)と徐々に拡大し、高齢化が進んでいる。

関連記事

[ 2021年08月24日 08:32 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp